常用漢字論―白川漢字学説の検証

白川漢字学説はどんな特徴があるのかを、言語学(記号学)の観点から、常用漢字一字一字について検証する。冒頭の引用(*)は白川静『常用字解』(平凡社、2004年)から。数字は全ての親文字(見出し)の通し番号である。*引用は字形の分析と意味の取り方に関わる箇所のみである。引用が不十分で意を汲みがたい場合は原書に当たってほしい。なお本ブログは漢字学に寄与するための学術的な研究を目的とする。

「腕」

白川静『常用字解』
「形声。音符は宛。宛は祖先を祭る廟の中に跪いて祖先の霊を拝んでいる人の姿で、その人のふくよかな膝のふくらみを思わせる字である。体の部分を意味する月(肉)を加えた腕は、ふくよかな“うで”をいう」

[考察]
字形の解剖にも意味の取り方にも疑問がある。宛をおそらく「宀+夕+卩」に分析して、廟の中で跪いて祖先の霊を拝む形とするが、夕は何かの説明がない。だいたい宀を廟と解釈することが問題である(宀にそんな意味はない)。廟から祖先の霊を連想したのであろうが、宛を祖先の霊を拝む姿と解釈するのは臆測に過ぎる。また、その姿が跪く人のふくよかな膝を思わせるとはどういうことか。ふくよかな膝と祖先の霊を拝むことと何の関係があるのか、理解不能である。また、ふくよかな膝からなぜ「うで」の意味になるのか、これも理解不能である。「ふくよかなうでと」いうのも、意味としては変である。痩せたうではうでではないのであろうか。そもそも腕ワンに「うで」という意味があるのか。日本語の「うで」は肩から手首までの部分であろう。ところが漢字(漢語)の腕にはこの意味がないのである。中国の字書にも古典にも出てこない。白川は「うで」という訓に惑わされているようである。
古典における腕の用例を見てみよう。
 原文:斷指與斷腕、利於天下相若、無擇也。
 訓読:指を断つと腕を断つと、天下に利すること相若(し)けば、択ぶ無きなり。
 翻訳:指を断ち切ることと手首を断ち切ることが、もし天下を利することにおいて等しいならば、選択の余地はない――『墨子』大取
指と比較されているのは「うで」ではなく、手首である。手の全体を断ち切ることと指を断ちきることは比較にならない。腕は手首の意味である。これを古典漢語では・uan(呉音・漢音でワン)という。これを代替する視覚記号として腕が考案された。
語源について『釈名』では「腕は宛なり。宛曲(曲げる)すべきを言ふなり」とある。手首の機能面を考えて、宛(曲がる)と腕の同源意識があったようである。
字源も語源に沿った造形法になっている。腕は「宛エン(音・イメージ記号)+肉(限定符号)」と解析する。宛は「夗エン(音・イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析する。夗は「夕(よる)+卩(背を曲げてかがむ人の形)」から成り、人が夜に背を曲げて寝る情景を設定した図形。これに屋根や家と関係があることを示す限定符号の宀を添えた宛も図形的意匠としては夗と同じ。図形的意匠はそのまま意味ではない。屋根の下に体を曲げて休む情景という意匠によって、「◠の形に曲がる」というイメージを表すのである。宛の実現される意味は「体をくねらせる」「くねくねと曲がる」ということである。
宛は「◠の形に曲がる」というコアイメージを示す記号。肉は人体と関係があることを示す限定符号。したがって腕は◠の形に曲げる機能をもつ手首を暗示させる。
日本語の「うで」はもともと「肘と手首の間」で、「かいな(かひな)」は「肩から肘までの間」で、やがて「うで」と「かいな」を合わせて「うで」というようになったという(『岩波古語辞典』)。漢字(漢語)ではこれを膊ハクという。肘から上が上膊、肘から下が下膊である。下膊と掌の間(手首)が腕である。日本人は腕ワンの意味を取り違えて腕に「うで」「かいな」の訓を与えた。本来は膊の字を当てるべきだったが、今更変えられない。

「湾」
正字(旧字体)は「灣」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は彎。彎は弓なりに曲がった形のものをいう。そのように曲がった海岸に海水の入りこんだところを湾といい、“いりうみ”の意味に用いる。古い字書にはみえない字で、六朝期(三世紀~六世紀)のころから使われ始めた字である」

[考察]
この字源説には彎の分析(字源)がない。なぜ彎は「弓なりに曲がった形のもの」の意味なのか。これの説明がないと灣の字源は完璧とは言えない。䜌については1527「蛮」で「神への誓いをのことばを入れた器に糸飾りをつけている形」とあり、「䜌+弓」の彎に「弓なりに曲がった形のもの」という意味は出てきそうにない。だから湾の字源は半分放棄されている。
灣は白川の言う通り六朝以後に現れる字だが、字書に「水曲」とあるように、川が曲がった所を意味する。海岸線が曲がった入り江の意味はその転義である。
灣は「彎ワン(音・イメージ記号)+水(限定符号)」と解析する。彎は『説文解字』に「弓に矢をつがえて引く」の意味としており、古典でも「(弓を)引く」の意味で使われている。彎は「䜌ラン(音・イメージ記号)+弓(ゆみ)」と解析する。䜌については1649「変」で説明したがもう一度振り返る。
䜌は「絲(いと)+言」と解剖する。言は連続した音声を区切って意味をもたせるもの、すなわち「ことば」である。言には「はっきりと区切りをつける」というイメージがある(489「言」を見よ)。このイメージは「けじめをつける」というイメージにも展開する。絲(=糸)は連続したものである。連続した糸に区切りやけじめをつけようとするが、けじめがつかずずるずると続いて絶えない状態になることが䜌の図形的意匠である。『説文解字』に注釈をした段玉裁(清朝の言語学者)は「糸を治むるに紛し易く、糸また絶えざるなり」と説明している。䜌の図形的意匠から、「もつれて乱れる」と「ずるずると続いて絶えない」という二つのイメージが読み取れる。これらは恋・蛮・湾・巒・攣などのコアイメージとなっている。(以上、1649「変」の項)
このように䜌は「もつれて乱れる」というイメージがある。もつれた状態を図示すると∞の形や◡◠の形である。直線がもつれると曲線になる。これは◡の形や◠の形のイメージでもある。したがって彎は弓に矢をつがえて、弓が◠の形に曲がるように引く情景を暗示させる。彎の実現される意味は「(弓を)引く」と「◠の形に曲がる」である。後者のイメージを用いて、灣は水辺が◠の形に曲がった地形を暗示させる。
ちなみに◠の形に曲がることを彎曲というが、彎と湾はコアイメージが同じなので、彎曲は湾曲と書いてもよい。 

「枠」

白川静『常用字解』
「国字。もとの字は篗わくで、音符は隻わく。篗はかせ糸を巻き取る道具。中心に回転する軸をつけた木の枠を作って糸を巻き取る道具である。そのような形に、方形に木を組んだものを枠という」

[考察]
漢語の篗の字源を説明しているだけで、肝心の「枠」の説明がない。読者は国字の「枠」の成り立ちこそ知りたいことであろう。白川漢字学説ではこれが説明できないのであろうか。
もっとも枠の字源については諸説紛々で定説はなさそうである。 

『岩波古語辞典』の「わく(籰)」を見ると次のような記載がある。 
「糸を巻き取る道具。軸木のついた枠(わく)を回転させながら巻き取る。〈新撰字鏡〉」
もともと「わく」は籰であったようである。つまり漢語の籰をそのまま用いたらしい。
『漢語大字典』では籰について次のように記述している。
「yuè。広韻、王縛切。古代の紡織で、糸を収めるのに用いた器具。広韻:籰は説文に曰く、糸を収むる者なりと」

現在の『説文解字』のテキストには籰(また異体字の篗)は載っていない。
篗は糸を巻き取る道具を意味する漢語であったが、これを古代日本人は「わく」と読んだ。ワクは王縛切の呉音読みである。「わく」はワクを国訓化したものと見てよいだろう。
籰は「矍カク(音・イメージ記号)+竹(限定符号)」と解析する。矍は一攫千金の攫(鷲摑みにする)にも使われている。攫・獲・郭などは同源の語で「囲いやわくの中に囲い込む」というイメージがある。その根底には「わく」のイメージがある。囲いやわくを図示すると囗の形。四角い形をした竹製の道具を暗示するのが籰という図形である。ただし普通は木製である。木の棒を四方に立てて囗の形のわくを作って、その中に回転軸を入れて、くるくる回して糸を巻き取る装置を籰という。
日本人はこれを受け入れて(文字ととともに輸入されたかどうかは不明)、糸巻きの四角い道具を「わく」と読んだ。しかし文字で書くと大変に難しい。そこで略字化を思いついた。
形声文字の籰を思い切って会意化する。木製なので偏を「木」とする。収納する働きがあるので、それを暗示させる記号がほしい。これを「卆」とする。卆は卒の略字である。卒は「おわる」という意味がある。ただし終了の終とは違い、「締めくくって一つにまとめる」という意味である。だから収納することを表せる。かくて「卆(締めくくる。まとめる。イメージ記号)+木(限定符号)」を合わせた枠が造形された。かくて道具の籰から離れて「わく」という抽象的な意味も表せるようになった。
漢字に似せたものを国字というが、擬似和製漢字というのがふさわしい。漢字のようで漢字ではない。しかし擬似だから、造形法も漢字に似せている。漢字の造形法を知っていないとこんな芸当はできない。漢字を受容した日本人は意味の取り方・使い方だけでなく、漢字の造形法も手中にしたと言えそうである。

↑このページのトップヘ