「慶」

白川静『常用字解』
「会意。廌と心とを組み合わせた形。古く裁判は、争う双方から解廌カイタイと呼ばれる羊に似た神聖な獣をさし出して神の裁きを受けるという神判の形式で行われた。その裁判に勝訴した者の解廌には、解廌の胸に心の形の文身を加えて吉慶のしるしとした。それで慶とは神判による勝訴をいう字であるから、神によって与えられた“よろこび、たまもの、さいわい”というのがもとの意味である」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。「廌(神聖な獣)+心」というわずかな情報から、膨大な情報を引き出し、壮大な物語が紡がれた。
獬廌(=獬豸)カイチは羊に似た一角の獣で、罪のある人を見ると角で触れるという特殊の力を持っていたとされ、裁判に利用されたといわれるが、空想的な動物である。白川は裁判の模様を詳しく描いているが、果たして事実であろうか。想像的動物を存在したかの如く仮定し、法の象徴としたに過ぎないのではなかろうか。法(古字は灋)や薦に廌が含まれている。だが慶の上部は廌だろうか。
慶の上部を廌と見たのは加藤常賢であるが、裁判とは結びつけていない。他の学者はたいてい『説文解字』に従い、「鹿+心+夊」と分析する。心は心理・心情と関係があり、夊は足の動作・行為と関係がある。慶は心理動詞であるが、なぜ夊がついているのか。慶と似た結構(組み立て方)をした字に愛・憂がある。これらは足の動作で心理を生き生きと表現しようとした意匠(デザイン)である。慶もこれと似ている。

字形から意味を読むのは独断的、恣意的になりやすい。意味は言葉にある。だから言葉がどのような文脈で使われているかを見るべきである。文脈から意味を知ることができる。慶は古典に次の用例がある。
①原文:爾殽既將 莫怨具慶
 訓読:爾の殽(さかな)既に将(すす)む 怨むこと莫(な)く具(とも)に慶(よろこ)ばん
 翻訳:あたなの酒肴はそろいました 怨みを忘れて祝いましょう――『詩経』小雅・楚茨
②原文:我覯之子 維其有章 維其有章 是以有慶矣
 訓読:我之(こ)の子に覯(あ)ふ 維れ其れ章有り 維れ其れ章有り 是(ここ)を以て慶有り
 翻訳:あなたにやっと会えました あやなすお姿えもいえぬ あやなすお姿えもいえぬ 幸せいっぱいなのはこんなわけ――『詩経』小雅・裳裳者華

①はめでたいこと、喜ばしいことを祝う意味、②はめでたい事、喜び事、幸いという意味で使われている。これを意味する古典漢語はk'iăng(呉音ではキヤウ、漢音ではケイ)である。これを代替する視覚記号として慶が考案された。k'iăngは京や景と同源で、「明るい」というイメージである。つまり明るい気分になることである。①②の意味の深層には「明るい」というコアイメージがある。明るい気分になる原因が何かの喜び事・めでたい事である。このような心理、「めでたい事を喜んで祝う」という心理を図形で表現しようとしたのが慶である。これはどんな意匠か。慶は「鹿(比の部分がフに変化)+心+夊」と分析できる。なぜ鹿なのか。古代では鹿の皮はプレゼントの定番とされたようである。喜び事を祝うのに鹿という記号を用いた理由がこれである。したがって慶はプレゼントを持ってお祝いに行く情景というのが図形的意匠である。これによって①②の意味をもつk'iăngを表記する。