「傑」

白川静『常用字解』
「形声。音符は桀。桀は木の上に左右の枝に、それぞれ人をはりつけにする形で、磔(はりつけ)のもとの字である。はりつけにされた死者の霊の力は激しいものであるから、傑は“すぐれる、ぬきんでる” の意味となる」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなくすべて会意的に説く特徴がある。桀(人をはりつけにする)+人→はりつけにされた死者の霊力が激しい→すぐれる、と意味を導く。
疑問点①桀を二人の人をはりつけにすると見たようだが、なぜ二人がはりつけにされるのか。舛は両足であって二人ではない。②桀を磔の原字というが、磔(音はタク)と桀(音はケツ)は言葉が全く違うから、原字とは言えない。③「激しい」から「すぐれる」の意味に展開させるのは、必然性がない。

白川漢字学説は字形から意味を導く方法である。言葉という視点が抜け落ちている。意味は字形にあるのではなく、言葉に内在する観念である。だから言葉から出発して字形を考えるのが筋である。
傑は古典で次のように使われている。
①原文:有厭其傑
 訓読:厭エンたる有り其の傑
 翻訳:盛んに飛び抜けて出たよ、その稲の苗――『詩経』周頌・載芟
②原文:伯兮朅兮 邦之桀兮
 訓読:伯よ朅ケツなり 邦の桀なり
 翻訳:伯さんは勇み立つ 国一番の豪傑だ――『詩経』衛風・伯兮

①は抜きん出る(高く抜け出たもの)の意味、②は桀という表記だが傑と同じで、他より抜け出て優れる(ひときわ優れた人)の意味である。これを意味する古典漢語がgiat(呉音ではゲチ、漢音ではケツ)である。これを代替する視覚記号が傑である。
傑は「桀ケツ(音・イメージ記号)+人(限定符号)」と解析する。桀を分析すると「舛+木」となる。舛は両足の形で、乘にも含まれている。乘は人が木の上に乗っている形、桀は両足が木の上にある形で、乘と桀は図形的意匠が似ている。しかし乘は「のる」を意味するdiəngを表記し、桀は「高くかかげる」「高く上がって目立つ」というイメージを表すgiatを表記する。桀の図形的意匠は「木の上に人を高くかかげる情景」である。これによって「(目立つように)高くかかげる」というイメージを表すことができる。したがって傑は他よりもひときわ抜け出て目立つ人を暗示させる。この図形的意匠によって①②の意味をもつgiatの視覚記号とした。