「潔」

白川静『常用字解』
「形声。音符は絜ケツ。㓞カツは刀で細かく刻みを入れるの意味で、絜はわが国の神事に用いる白香のようにした糸飾りをいう。これをお祓いのときに使うので、絜に“きよめる” の意味があり、潔のもとの字とみてよい。水を用いて祓い清めることを潔という」

[考察]
㓞(刀で細かく刻みを入れる)から、なぜ糸飾りの意味が出るのか。絜に糸飾りという意味はない。また糸飾りを神事に用いるから「きよめる」の意味が出たというが、言葉の意味展開を言語外から説明するもので、意味論的な合理性がない。
字形から意味を導き、言葉という視点がないのが白川漢字学説の特徴である。だから意味の導出だけでなく、意味の展開に難がある。
言葉という視点に立って漢字を見ることが大切である。それには古典での使い方をまず調べる必要がある。潔は次の用例がある。
①原文:潔其宮。
 訓読:其の宮を潔(きよ)くす。
 翻訳:宮[心の比喩]を清らかにする――『管子』心術
②原文:欲潔其身而亂大倫。
 訓読:其の身を潔くせんと欲して大倫を乱る。
 翻訳:自分の身を清くしようとするあまり、人の道を乱してしまう――『論語』微子

①は汚れを落として清らかにする意味、②は心や行いに不純なものがない(いさぎよい、いさぎよくする)という意味である。この意味をもつ古典漢語がket(呉音ではケチ、漢音ではケツ)である。これを代替する視覚記号として潔が考案された。
潔は「絜ケツ(音・イメージ記号)+水(限定符号)」と解析する。絜は「㓞+糸」、㓞は「丯+刀」に分析する。丯カイがコアイメージと関わる基幹記号である。丯・㓞は契(削る・刻むの意)の基幹記号でもある。丯は|(縦線)に彡の形に切れ目・刻み目を入れる図形で、丯と㓞は「刻みを入れる」というイメージを示す。これは「削る」というイメージにもなる(425「契」を見よ)。したがって絜は糸や布の汚れを削り落とす状況を暗示させる。この意匠で十分「汚れを落とす」の意味のketの表記にすることができる(絜も「清らかにする」の意味)。後に水で洗う場面に替えて、水を限定符号とした潔に表記を譲った。ただし「水で洗い清める」という意味ではない。限定符号は必ずしも意味素に含まれない。「汚れ」は意味素に含まれる。清らかにする前提として「汚れ」があるからである。