「月」

白川静『常用字解』
「象形。月の形。“つき”をいう。月はみちかけするものであるが、まるい形の日(太陽)と区別するために、三日月の形とする」

[考察]
月の字形から「つき」の意味が生まれたのではなく、逆である。「つき」を意味する古典漢語ngiuăt(呉音ではゴチ、漢音ではグヱツ)を表記するために「月」が生まれた。
なぜ「つき」をngiuătというのか。これは語源の問題である。古人は「月は闕ケツ(欠ける)なり」「月は缺ケツ(欠ける)なり」と語源を捉えている。月は太陽と違って時間ごとに月相を変える。欠けていく相貌に特徴を見出したのが闕・缺と関連のあるngiuătという語である。これの図形化として美しい形の満月ではなく、欠けた形の三日月を略画風に描いた。略画ではあるが、抽象的な図案である。絵は言葉と一対一に対応させることは難しいが、抽象化された図案である文字は言葉と一対一に対応させることができる。かくてngiuătと月が対応する。しかしその結果、あたかも月が「つき」の意味を表しているような錯覚に陥る。すべての漢字にこの錯覚がある。漢字の形が意味をもつという漢字学はこうして現れた。改めて提唱したい。言葉から漢字を眺める視座に帰ることが漢字論にとって急務であることを。