「県」
正字(旧字体)は「縣」である。

白川静『常用字解』
「会意。県キョウは首を逆さまに懸けている形で、下に髪の毛が乱れ垂れている。系は紐。縣は木に紐で首を逆さまにぶら下げている形で、“かける、つりさげる” の意味となる。縣がのちに行政の単位の県の意味に使われるようになって、別に懸の字が作られた」

[考察]
形に意味があるという考えから、字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。これを「字形学」と称している。縣は木に紐で首を逆さまにぶさ下げている形なので、「かける」の意味が生じたという。
意味は字形にあるのか。言語学では言葉(記号素)は音と意味の結合体というのが定義である。意味は言葉に内在する観念というのが言語学の見方である。意味が字形に属するというのは言語学に反する考えである。文字は言葉を表記する手段であって、図形自体に意味があるわけではない。
では意味はどうして分かるのか。言葉が実際に使われる文脈から判断して理解するものである。縣は次のような文脈で使われている。
①原文:不狩不獵 胡瞻爾庭有縣鶉兮
 訓読:狩りせず猟せずんば 胡(なん)ぞ爾のに県鶉有るを瞻(み)んや
 翻訳:狩りをしなけや お前の庭にウズラ一羽を吊せまい――『詩経』魏風・伐檀
②原文:克敵者上大夫受縣、下大夫受郡。
 訓読:敵に克つ者、上大夫は県を受け、下大夫は郡を受く。
 翻訳:敵に勝てば、上級の大夫は県を、下級の大夫は郡を受け取る――『春秋左氏伝』哀公二年

①は途中でひっかかる、ひっかけてぶら下げる(かける)という意味、②は郡より上位の行政区画の単位の名に使われている。①の意味をもつ古典漢語がɦuen(呉音ではグヱン、漢音ではクヱン)である。これを代替する視覚記号として縣が考案された。
古人は「玄は縣なり」と語源を説いている。縣は玄(弦・絃・舷)と同源である。玄のグループは「◡形や◠形に宙吊りになる」というイメージがある。このイメージは「∧形にひっかけてぶら下げる」というイメージにも展開する。このイメージをもつ言葉がɦuen(縣)である。
縣はどんな意匠が工夫されているのか。「県+系」に分析する。県キョウは首の逆さ文字である。首は「くび」ではなく「あたま」である。頭を下に向けている形が県である。梟首(さらし首)の梟キョウと似ている。系は紐でつなぐことを示す。したがって縣は首(あたま)を逆さにして紐でつないで木などにひっかけて吊す情景を設定した図形である。これは図形的意匠であって意味ではない。この意匠によって、宙吊りになってひっかかる・ひっかけることを意味するɦuenを表記するのである。
意味は①から②に転じた。なぜ行政単位の名に用いたのか。古人は「縣は懸なり。郡に懸係する(ひかかりつながる)なり」と解釈しているが、郡にひっかけるというのは郡が縣よりも大きい時代(秦代)の話であって、周代では②の文献に見られるように、縣は郡より上位の単位である。つまり国と郡の間の行政区画である。郡は村や町を一まとめにした単位である(415「郡」を見よ)。これより大きな単位が必要になり、国と郡を結ぶ中間の単位を縣と名づけたのである。縣は「途中でひっかかる」というイメージがあるので、国と郡の中間にあって両者にひっかかるような位置にある単位の名としたのである。