「兼」

白川静『常用字解』
「会意。秝レキと又とを組み合わせた形。又は手の形。二本の禾(稲)を併せて手に持つ形。兼は二本の禾を併せ持つことから、“あわせもつ、あわせる” 、また二つ以上のことをいっしょに行うことから、“かねる”の意味となる」

[考察]
秝レキは歴・暦に含まれる字で、軍門の形としている。本項では二本の禾(稲)としている。文字によって字形の解釈が不統一なのは問題。禾は稲であり、すべての漢字をこれで解釈すべきである。
また「二つ以上のことをいっしょに行うことから」とあるが、二本の禾を併せ持つのは一つの行為であって、二つのことをいっしょに行う」はむしろ「かねる」の意味であろう。「かねる」と「あわせもつ」は何が違うか。意味の説明が判然としない。

字形から意味を求めるのが白川漢字学説の特徴であるが、意味は字形にあるわけではない。言語学では意味とは言葉に内在する観念と定義される。では意味はどうして知ることができるのか。古典で使われた実際の用例から知ることができる。古典では兼は次のように使われている。
①原文:二者不可得兼、舍生而取義也。
 訓読:二者兼ぬるを得べからざれば、生を舎(す)てて義を取らん。
 翻訳:二つとも併せ得られなければ、生命を捨てて義を取るだろう――『孟子』告子上
②原文:天下兼相愛則治、相惡則亂。
 訓読:天下兼ねて相愛すれば則ち治まり、相悪(ぬく)めば則ち乱る。
 翻訳:天下は、人々がみんな一緒になって愛すれば治まり、憎めば乱れる――『墨子』兼愛

①は二つ以上を一緒に併せる(かねる)の意味、②は二つ以上の事を引き受ける意味で使われている。これを意味する古典漢語がkem(呉音・漢音でケム)である。それを代替する視覚記号として兼が考案された。
兼は楷書では字体が崩れたが、篆文に遡ると「秝+又(手)」になっている。秝は禾(いね)を‖の形に二つ並べた形である(厤に含まれている)。‖の形に別々になっているものを合わせて一つにするというイメージが生まれる。兼は二つの稲束を合わせて手に持つ情景というのが図形的意匠である。これによって二つ(または二つ以上)のものを一つに合わせることを意味するkemを表記する。