「検」
正字(旧字体)は「檢」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は僉。僉は二人の者が並んで、祝詞を入れる器のᆸを捧げて舞い、神に祈っている形で、質素の意味があり、また神意をためし調べるの意味がある。それで検には“しらべる、かんがえる” 、また調べた結果を“しるす”という意味があるのであろう」

[考察]
僉の字形に関する疑問は465「倹」で述べている。本項では僉に「質素」「神意をためし調べる」の意味があるというが、なぜ神に祈ることからそんな意味になるのか、理解しがたい。「神意をためし調べる」とはどういうことか。そこから検に「しらべる」の意味が生じるというのも納得がいかない。木の説明もない。
形声の説明原理を持たないのですべての漢字を会意的に解釈するのが白川漢字学説の特徴である。しかし本項では会意的説明の体もなしていない。
形声の説明原理とは言葉の深層構造を探り、コアイメージを捉えて、語源的に漢字を説明する方法である。だから言葉という視点に立脚することが大切である。それにはまず古典でどのように言葉として使用され、どんな意味に使われているかを文脈を通して知る必要がある。檢は次の用例がある。
①原文:簡札檢署槧牘家。
 訓読:簡札に検署す槧牘の家。
 翻訳:製本屋は書物を作る際に封印をする――『急就篇』(漢代の字書)
②原文:檢其邪心。
 訓読:其の邪心を検す。
 翻訳:邪悪な心をチェックする――『説苑』修文
③原文:檢身若不及。
 訓読:身を検するも及ばざるが若(ごと)くす。
 翻訳:身を引き締めてもまだ足りないようにする――『書経』伊訓

文献的には③が古いが、最初の意味は①であったと考えられる。①は木簡を封印する、あるいは封印して署名する意味である。正しく封印されているかを改めることから、②の「善し悪しを調べる」の意味に転義する。③は「一か所に引き締める」というコアイメージから、過ち・不正がないように引き締める(取り締まる)という意味に展開した。これらの意味の深層構造には「一か所に引き締める」というコアイメージが貫いている。
①の意味をもつ古典漢語がkiam(呉音・漢音でケム)である。これを代替する視覚記号として檢が作られた。これは「僉(音・イメージ記号)+木(限定符号)」と解析する。僉は「(三方から寄せ集めて)一か所に引き締める」というイメージがある(465「倹」、467「剣」、470「険」を見よ)。檢は木簡(文字を書いた木の札)を寄せ集めて一か所に引き締める状況を暗示させる。この図形的意匠によって、木簡を集めて箱に入れ、紐で閉じて封印することを意味するkiamを表記する。