「遣」

白川静『常用字解』
「形声。音符は𠳋(ケン)。古くは軍が出征するとき、軍社で肉を供えて戦勝祈願の祭りをし、その祭りの肉の大きな塊(𠂤、脤肉)を捧げて出発した。𠂤には軍の守護霊が移されていると考えたのである。𠳋は𠂤を両手で捧げ、携えている形である。𠳋に歩くという意味の辵(辶)を加えた遣は、軍を“つかわす、派遣する”というのがもとの意味」


[考察]
軍を発するときに脤肉を携えて出発したという。𠳋(脤肉を両手で捧げ携える)+辵(歩く)→軍をつかわす(派遣する)という意味を導く。しかしこの意味展開に必然性があるだろうか。軍が出発する、あるいは行軍するという意味にもなりうる。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、証拠のない風習から無理に意味を導いた感は否めない。意味とは言葉に内在する観念であって字形に属するものではない。言葉の意味は文脈でしか捉えようがない。遣は次のような用例がある。
①原文:王遣申伯 路車乘馬
 訓読:王申伯に遣はす 路車乗馬
 翻訳:王が申伯におくるのは 乗用の車と馬――『詩経』大雅・崧高
②原文:乃遣子貢之齊。
 訓読:乃ち子貢を遣はして斉に之(ゆ)かしむ。
 翻訳:[孔子は]子貢を斉に派遣した――『墨子』非儒

①は自分の物の中から一部を割いてよそにやる(おくる)の意味、②は人員を割いてよそに行かせる意味で使われている。これを意味する古典漢語がk'ian(呉音・漢音でケン)である。これを代替する視覚記号として遣が作られた。
遣は「𠳋(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」と解析する。𠳋は遣以外に使われないレアな記号である。レアな記号には独得のイメージを付与されることが多い。k'ianという言葉は割・介・間などと同源で、「二つに分ける」というコアイメージがある(藤堂明保『漢字語源辞典』)。物を送る前提として、物の中から選択して分けるという行為がある。k'ianとは物の中から一部を割いて送る行為を表す言葉である。𠳋という記号は「二つに分ける」というコアイメージを表しうるのか。𠳋は「𦥑(両手)+𠂤(=堆。土の集まり)」から「㬰+阜(土盛り)」に字体が変わった。㬰は貴に含まれており、あじか(土を運搬する道具)の形で、「空っぽな囲いの中に物を詰める」というイメージと、「物が出て空っぽになる」というイメージを表すことができる(287「貴」を見よ)。だから𠳋は土盛りから土を取って、道具に入れて別の場所に移す状況を暗示させる。したがって遣は集まった物の一部を割いてよそに送る情景を設定した図形である。この意匠によって①②の意味をもつk'ianを表記するのである。