「繭」

白川静『常用字解』
「会意。桑の葉の形と糸と虫とを組み合わせた形。桑の葉の上に虫(蚕)が糸を吐いている様子を一つの字形にまとめたもので、蚕の「まゆ」の意味となる」

[考察]
糸と虫を除いた部分(芇)が桑の葉の形に見えるか疑問。芇の上部は卝であって草冠ではない。また、桑の葉の上に虫が糸を吐くことが「まゆ」の意味になるか疑問。シルク(絹糸)の意味にもなりうる。字形から意味を引き出すのは必然性のある意味展開とは言えない。
繭が蚕のまゆを意味するken(呉音・漢音でケン)を表記する視覚記号であることは古典の用例からわかる。では繭はどんな工夫によって「まゆ」を暗示させようとするのか。分析すると「芇(イメージ記号)+虫(イメージ補助記号)+糸(限定符号)」となる。「まゆ」とは蚕(カイコガの幼虫)が糸(繊維)を吐き出して、蛹に成長するまで自分を保護するために作った覆い(殻)である。その形態はほぼ楕円形である。まゆの形態的特徴を捉えたのが芇という図形である。『説文解字』に「芇は相当たるなり」とある。二つが釣り合っているといった意味である。芇は左右同形を示す象徴的符号としてよいだろう。囲碁の用語で持碁のことを芇(音はベン)という。楕円形は左右に焦点があるから左右同形である。だから「まゆ」を暗示させる図形にイメージ記号として芇を用い、虫と関係があるからイメージ補助記号として虫を添え、また糸(シルク)を作る原料になるから、糸という意味領域を示す限定符号を添える。こうして繭の図形が成立する。繭という図形から「まゆ」の意味は出てこない。「まゆ」という意味を持つ言葉をどのように表記するのがよいかを工夫した結果、繭が生まれた。このように字源を説くのが正しい。