「幻」

白川静『常用字解』
「象形。予の字形を逆さまにした形。予は織機に縦に張った経を交互に開いた間に、緯を通して布を織る用具である杼(ひ)の形。幻は杼を逆さまにして逆に送るの意味となり、杼が左右に往き来 して巧みに布を織りなすので、幻は人を“まどわす”の意味となる」

[考察]
幻は「杼を逆さまにして逆に送る」の意味というが、こんな意味がありうるだろうか。 また、幻は杼が左右に往き来して巧みに布を織りなすことから、「人をまどわす」の意味になったというが、この意味展開に必然性があるだろうか。また「杼を逆さまにして逆に送る」の意味と、「人をまどわす」の意味に何の関係があるのか。理解するのが難しい。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、図形の解釈と意味が混乱している。図形的解釈と意味を混同する傾向がある。
白川漢字学説は言葉という視点がすっぽり抜け落ちているから、字形から意味を求めるしかないが、意味は字形にはなく、言葉にあるということは言語学の常識である。字源の前に語源が必要である。言葉の深層構造を究明しないと、字源は半端なものになる。字源は語源による制約が必要である。さもないと恣意的な解釈に陥り、迷宮に入ってしまう。
古人は「幻は眩(目をくらます)なり」と語源を説いている。藤堂明保は幻を玄(暗くてよく見えない)と同源としている。「(実体が)よく見えない」が古典漢語ɦuănのコアイメージということができる。このイメージを暗示させる図形が幻である。
幻は古典でどのように使われているかを見てみよう。
 原文:譸張爲幻。
 訓読:譸張チュウチョウして幻を為す。
 翻訳:欺いて人をたぶらかす――『書経』無逸

幻は実体のないことで人を惑わす(たぶらかす)という意味で使われている。これを意味する古典漢語がɦuăn(呉音ではグヱン、漢音ではクワン)である。これを代替する視覚記号として幻が考案された。これはどんな意匠がある図形か。ここから字源の話になるが、意味は既にわかっている。「実体のないことで人を惑わす」ということだ。これは「(実体が)よく見えない」というコアイメージから実現された意味である。幻はこのイメージを表すことができるのか。
『説文解字』は幻は「反予に従ふ」と解釈している。反予とは予の逆さ文字ということである。予は杼(ひ)を描いた図形である(後に「予」で詳述。「序」「野」も見よ)。杼は機織りで横糸を出しながら縦糸の間を通っていく道具である。逆さ文字は反対の意味やイメージを表すための工夫である。杼の中から糸が出ていくことの反対は糸が出ていかないことであり、この意匠(予を逆転させる図形的意匠)によって、「実体が隠れて見えない」というイメージを表すことができる。かくて「実体のないことで人を惑わす」という意味をもつɦuănを幻で表記するに足るのである。
幻は後に「まぼろし」の意味にも転じる。まぼろしとは実体がないのにあるようにたぶらかされるものである。