「源」

白川静『常用字解』
「形声。音符は原。原は崖(厂)の間から水が流れ落ちる形で、水源(みなもと)の意味があり、源のもとの字である。のちこの原が同じ音の邍(原野の意味)と通用して、“はら” の意味に用いられるようになったので、改めて水を加えて源の字となった」

[考察]
崖から水が流れ落ちる形が水源の意味になるというのは逆立ちした字源説である。水源とはそんな場所だろうか。古典漢語で「みなもと」 を意味するngiuănという言葉を表記するのが原という字であり、この図形の構造は「厂(がけ)+泉(穴から水が湧き出る形)」を合わせて、水の発源する所を暗示させる、このように解釈するのが歴史的であり、論理的である。必ずしも崖から水が流れ落ちる所ではない。