「故」

白川静『常用字解』
「会意。古はᆸ(祝詞を入れる器の形)の上に、聖器としての干(盾)を置いて祈りの効果を長く保たせることをいう。古に打つという意味の攴を加えるのは、祈りの効果をことさらに害することであるから、故は“ふるい、もと” という本来の意味のほかに、“ことさら、事故”の意味となり、またそのことを正当化する理由、“ゆえ”の意味となる」

[考察]
形声の説明原理をもたず、すべて会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。古は明らかに音符であるのに故を会意文字とするのはそのためである。古(祈りの効果を長く保たせる)+攴(うつ)→祈りの効果をことさらに害する→ことさらという意味を導く。
「干(盾)+ᆸ(器)」の形で祈りの効果を長く保たせるという意味になるのか。また「古+攴」の形で祈りの効果をことさらに害するという意味になるのか。二つとも疑問である。そもそも「祈りの効果を害する」とはどういうことか。何のためか。理解するのが難しい。
意味展開の説明にも疑問がある。「ふるい、もと」の意味と、「ことさら、事故」の意味はどんな関係があるのか分からない。
字形から意味を導く方法に問題がある。その方法は誤りと断じてよい。なぜなら意味は言葉に属する概念であって、字形にはないからである。字形は言葉を表記する手段である。
言葉の意味は言葉が使用される文脈から判断され把握されるものである。故は次の用例がある。
①原文:微君之故 胡爲乎中露
 訓読:君の故コ微(な)かりせば 胡為(なんす)れぞ中露にゐんや
 翻訳:貴方とのえにしがなければ 露に濡れて待ってはいません――『詩経』邶風・式微
②原文:溫故而知新、可以爲師矣。
 訓読:故(ふる)きを温めて新しきを知れば、以て師と為すべし。
 翻訳:古い事例を温め直して、新しいものを発見するならば、先生となる資格がある――『論語』為政
③原文:維子之故 使我不能息兮
 訓読:維(こ)れ子シの故に 我をして息すること能はざらしむ
 翻訳:貴方のせいで 私は息ができません――『詩経』鄭風・狡童

①は古くからの付き合いの意味、②は時間がたって古くなった事柄(以前あった事柄)の意味、③は現在の事態に至った原因・理由(わけ・ゆえ)の意味で使われている。これらの意味をもつ古典漢語がkag(呉音ではク、漢音ではコ)である。これを代替する視覚記号が故である。
故は「古(音・イメージ記号)+攴(限定符号)」と解析する。古は「(ひからびて)固い」というイメージがあり、「時間がたって古びている」というイメージに展開する(499「古」を見よ)。攴は動作・行為など動詞的な働きに関わる限定符号である。したがって故は時間がたって固定し、変えようもない事態になる状況を暗示させる。この図形的意匠によって、以前からの関係(付き合い)や時間のたった事柄を意味するkagを表記する。