「後」

白川静『常用字解』
「会意。彳と幺と夊とを組み合わせた形。彳は行の左半分で、道路。幺は御の古い字形にみられるように、糸たばを拗じった形の呪具。幺を使って祈り、敵が後退することを求めるので、夊(後ろ向きにした足あとの形)を加える。後は道路で呪器の幺を使って、敵が後退することを求める呪儀である。それで後は“うしろへさがる、うしろ”の意味となる」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。彳(道路)+幺(呪具)+夊(後ろ向きの足あと)→道路で呪具を使って敵が後退するのを求める呪儀という意味を導く。この意味から「後ろへさがる」「うしろ」の意味に転じたという。
糸束をねじった形の呪具とは何なのか。その呪具と道路を合わせて、なぜ敵が後退するのを祈って求めるという意味になるのか。理解しがたい。
字形から意味を導く方法は恣意的解釈に陥りやすい。何とでも解釈できるのである。
いったい意味はどこにあるのか。意味が「言葉の意味」であることは言語学の常識であろう。これを外して字形に意味があるとするのが白川漢字学説である。この方法を白川は「字形学」と称している。
白川漢字学説は言葉という視座を欠くので、意味が言葉とどう関わっているのか曖昧にしている。図形的解釈と意味を混同していると言ってもよい。白川の言う意味は果たして古典の文脈に合うだろうか。
①原文:命彼後車 謂之載之
 訓読:彼の後車に命じ 之に之を載せよと謂へ
 翻訳:うしろの車に指図して 我らを乗せよと言っておくれ――『詩経』小雅・緜蛮
②原文:百歲之後 歸于其居
 訓読:百歳の後 其の居に帰らん
 翻訳:百年のあと [あなたの入っている]墓の部屋に帰りたい――『詩経』唐風・葛生
③原文:子路從而後。
 訓読:子路従ひて後(おく)る。
 翻訳:子路は[先生に]従って遅れた――『論語』微子

①は空間的にあとの方(うしろ)の意味、②は時間的にあとの方(のち)の意味、③は時間が遅くなる(おくれる)の意味で使われている。後は基本的にはこの三つの意味である。これを古典漢語でɦug(呉音ではグ、漢音ではコウ)という。これを代替する視覚記号として後が考案された。後はどんな意匠をもつか。
後は「幺(イメージ記号)+夊(イメージ補助記号)+彳(限定符号)」と解析する。幺は細い糸の形で、「小さい」「わずか」などのイメージを示す記号に用いられる(「幼」で詳説する。取りあえず282「幾」を見よ)。夊は引きずる足の形で、足が進みにくい(はかどらない)というイメージを添える(3「愛」を見よ)。彳は歩行・進行に関わる限定符号である。したがって、足が少ししか進まず、定点よりうしろの方にある(つまり、遅れている)情景というのが後の図形的意匠である。これによって、空間的・時間的にあとの方、また、遅れることを意味するɦugという語を表記する。