「誤」

白川静『常用字解』
「形声。音符は呉。呉はᆸ(祝詞を入れる器)を掲げて、舞いながら祈る人の形で、神を楽しませることをいう。熱心に舞い祈り、神がかりのうっとりとした状態のなかで発することばは、正常でない誤ったことばや人を誤らせることばが多いので、誤は“あやまる、あやまり” の意味となる」

[考察]
形声の説明原理がなく、すべて会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。呉(神を楽しませる)+言→神がかりとなって発する正常でない誤ったことば→あやまる・あやまりという意味を導く。
このような意味展開に必然性があるだろうか。神を楽しませる言葉となりそうなもの。呉(神を楽しませる)から「あやまる」の意味を導くのはとうてい無理である。呉の解釈にも疑問がある(516「呉」を見よ)。
誤の用例を古典から見てみよう。
 原文:使者聘而誤、主君弗親饗食也。
 訓読:使者聘して誤らば、主君親(みずか)ら饗食せず。
 翻訳:使者の招聘の礼に手違いがあると、主君はパーティーに参加しない――『礼記』聘義

誤は事実や正しい行き方と食い違う(間違う、あやまる)という意味で使われている。これを古典漢語ではngag(呉音ではグ、漢音ではゴ)という。これを代替する視覚記号が誤である。
誤は「呉(音・イメージ記号)+言(限定符号)」と解析する。呉は「食い違う」「×形や⇆形に交わる」というイメージがある(詳しい説明は516「呉」を見よ)。誤は言葉が事実と食い違っている状況を暗示させる。この図形的意匠によって「事実と食い違う」を意味するngagを表記する。