「口」

白川静『常用字解』
「象形。口の形。甲骨文字や金文には、人の口とみられる明確な使用例はなく、みな神への祈りの文である祝詞を入れる器の形のᆸ(サイ)である。口とᆸとの異同を確かめることはできない」

[考察]
白川漢字学説では口や曰を含む漢字をほぼ例外なくᆸ(祝詞を入れる器の形)として、神と結びつけた解釈をしている。祝詞は口で唱える聴覚言語、つまり言葉である。これを器に入れるとはどういうことか。音声を入れることはできないから、図形(文字)に切り換え、それを写した竹簡・木簡や布などを器に入れることになろう。祈りの言葉は内容によっては大量になるだろうから、これを収める器は大きなものになる。ᆸのような単純な形に描けるだろうか。また、祈りの言葉を文字で書くにはすでに文字が発明されていなければならない。甲骨文字は創作途上にある文字と考えられる。まだ発明されていない文字も多い。祈りの言葉を記すのに十分な文字があるとはとうてい言えない。以上のことから考えると、「祝詞を入れる器」という物体は実在のものか疑わしい。
甲骨文字は占いの結果を亀甲などに刻んだ文字で、極めて特殊な言語場(祭祀占卜)に限定される。日常用語や基礎語彙がきわめて少ない。ᆸは固有名詞に使われており、「くち」なのか「祝詞を入れる器」なのか分からない。しかし日常用語は殷代にも存在したとして何ら不思議ではない。だからᆸを口(くち)と見て何ら不思議はない(固有名詞は借用である)。口に従う他の文字(可・問・召・害・言・喜・君・和など)も「くち」に関係のある文字である。殷代の甲骨文字は周代の古典に採用された文字とつながりのあるものが多い。だから逆に意味不明の文字(例えば ᆸ)も周代の古典漢語を遡らせて解釈できる場合もある。
ということで、ᆸの形でもって、「くち」を意味する言葉を表記したと推定できる。周代の古典では次の用例がある。
①原文:好言自口 莠言自口
 訓読:好言口自(よ)りし 莠言口自りす
 翻訳:良い言葉も口から出る 悪い言葉も口から出る――『詩経』小雅・正月
②原文:無罪無辜 讒口囂囂
 訓読:罪無く辜コ無けれど 讒口囂囂ゴウゴウたり
 翻訳:罪とがは一つもないのに 悪口ががやがやと聞こえてくる――『詩経』小雅・十月之交

①はくちの意味、②は口でしゃべること(口ぶり、ことば)の意味で使われている。この意味をもつ古典漢語がk'ug(呉音ではク、漢音ではコウ)である。これを図形に表したのが口である。殷代の甲骨文字から周代の篆文までᆸの形は全く変わっていない。楷書の段階で口となった。
古人は「口は空(突き抜ける穴)なり」という語源意識をもっていた。k'ugという語はkung(空・孔・工・公など)やkuk(谷)などと同源で、「穴」「突き抜ける」というコアイメージがある。「くち」はまさに突き抜けた穴である。銃口や火口の口が「穴」の意味であることは言うまでもあるまい。「穴」というコアイメージがそのまま実現された意味である。
視覚記号の「口」は人の「くち」を象ったものだが、穴のイメージをᆸの形で表現したと考えてもよい。