「工」

白川静『常用字解』
「象形。工具の形。工は何らかの工具の形であるらしく、金文には鍛冶の台とみえるものがある。工はまた呪的な行為のときの呪器として用いられることがあったらしい」

[考察]
工具の形なら工作・工事と結びつくが、呪器では結びつかない。呪器説の根拠として巫や左が工を含むことを挙げているが、「あったらしい」とあるように臆測に過ぎない。工具説では定規、曲尺、斧、鋸などの説があるが、実体に囚われた考えである。漢字の造形法は実体よりも形態や機能に重点を置く。抽象的なイメージを具体的な物のイメージから発想して表現することが多いのである。
古典で工の用例を調べてみよう。
①原文:工事競於刻鏤。
 訓読:工事には刻鏤を競ふ。
 翻訳:工作の仕事では[木や金属に]模様を彫り込むことで競争する――『管子』立政
②原文:嗟嗟臣工 敬爾在公
 訓読:嗟嗟(ああ)臣工よ 爾を敬(つつし)みて公に在れ
 翻訳:ああ官僚たちよ 身を引き締めて役に努めよ――『詩経』周頌・臣工

①は道具を使って物を作る(細工する)、また、物を作る仕事の意味。これが最初の意味で、ついfで、巧みな技の意味、技術で物を作る人の意味、さらに専門の技術で仕える人(つかさ、官吏)の意味に展開する。最後の意味が上の②である。『詩経』は最古の古典で、工はすでにこのような意味展開を達成している。①の意味をもつ古典漢語がkung(呉音ではク、漢音ではコウ)であり、これを代替する視覚記号として工が考案された。
工を実体に当てはめようとすると迷宮入りである(何かの実体の形に見えない)。漢字の造形法に「象徴的符号」という考えを導入したい。そこで、工は上下の二線の間を縦の一線で突き通す様子を示す象徴的符号と解釈する。これによって「突き通す」「突き抜ける」というイメージを表すことができる。kungという語は口・公・孔・凶・侯・谷などとともに同源の単語家族を構成し、「穴・突き抜ける」という基本義があると指摘したのは藤堂明保である(『漢字語源辞典』)。
細工の基本はまず道具を素材に突き通すことであり、この行為から始めて段々と目的の物に仕上げていく。だから①の意味をもつ言葉をkungというのである。kungの深層構造に「突き通す」というコアイメージがある。工のグループ(功・江・攻・紅・虹・貢・項・空・恐など)にも共通のコアイメージが通底している。
漢字の意味を考えるには字源だけでは半端である。語源を探求して初めて一人前である。