「孔」

白川静『常用字解』
「象形。後頭部に、頭髪を剃るような曲線を加えている子どもの形。孔穴・孔竅というときの穴であろう。“あな” の意味に用いる。おそらく乳児のときに、何らかの儀礼的な意味で行われた生子儀礼の一であったのであろう」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法であるが、「後頭部に頭髪を剃るような曲線を加えている子ども」と「穴」の関係が分からない。また「生子儀礼の一」と穴の関係も分からない。
字形から意味を求めるのは無理である。だいたい意味は字形にはない。意味とは「言葉の意味」であって、言葉に内在する観念である。言葉の意味は言葉が使われる文脈を通して知るほかはない。孔はどんな文脈で使われているかを調べてみよう。
①原文:知事天者其孔竅虛。
 訓読:天に事(つか)ふるを知る者は其の孔竅虚し。
 翻訳:天に従うのを知っている者の穴[人体に開いた穴]は空っぽである――『韓非子』解老
②原文:父母孔邇
 訓読:父母は孔(はなは)だ邇(ちか)し
 翻訳:両親はとても近くにいらっしゃる――『詩経』周南・汝墳

①は穴の意味である。これを古典漢語ではk'ung(呉音ではク、漢音ではコウ)といい、孔という視覚記号で表記する。k'ungは工・空・公・などと同源で、「突き通る」というコアイメージがある。穴は突き通ったものである。また、コアイメージがそのまま実現される(孔は「突き通る」の意味がある)。ある空間や範囲をスムーズに通ることから、「ゆったりとして大きい」というイメージに展開する(孔には「大きい」の意味もある)。これから「程度が大きい(はなはだ)」という意味を派生する。これが②の用法である。文献的には『詩経』がいちばん古いが、①が最初の意味と考えられる。
次に字源であるが、孔は「子+乚」に分析する。子が産道から生まれてくる情景を想定した図形である。この意匠によって、突き通る穴を暗示させる。字形だけを問題にする字源説は迷宮入りである。語源的に「突き通る」というコアイメージを捉えれば図形の解釈の道が開かれる。