「坑」

白川静『常用字解』
「形声。音符は亢。亢は動脈部分を含む人の咽喉の形。咽喉の動脈をあらわし、直線的で、周囲の状況に抵抗するような状態で、ま横に、あるいはま下に直進するような道を掘って穴をあけることを坑という。坑は“あな” 、大体は竪穴をいうのがもとの意味であろう」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。亢(咽喉の動脈)+土→真横(真下)に直進するような道を掘って穴を開けるという意味を導く。これから穴(竪穴)の意味に転じたという。
亢は咽喉の動脈という意味があるだろうか。どの辞書にもない(『漢語大字典』『漢語大詞典』など)。亢は咽(食道)でもなく喉(気道)でもなく、両者を内部にもつ頸(のどくび)のことである。まっすぐな首筋であるから、「↑の形にまっすぐ高く立つ」というイメージがある。このイメージを用いたのが坑である。古典に次の用例がある。
 原文:江河乾爲坑。
 訓読:江河乾きて坑と為る。
 翻訳:川が干上がって深い穴となる――『説苑』敬慎

坑は深く掘り下げた穴、または、土を深く掘って水を通す溝の意味である。『荘子』では「阬に在りては阬に満つ」という用例があり、もとは阬と書いたが後に坑となった。
坑は「亢(音・イメージ記号)+土(限定符号)」と解析する。亢は上記の通り「↑の形にまっすぐ高く立つ」「高く上がる」というイメージがある。↑の形は方角を変えて←の形でも↓の形でも、イメージは同じである。地下の方向に土を掘り下げた穴、あるいは、←の方向に土を掘り進んだ穴も坑の図形で表せる。水を通す穴や溝、鉱物を掘る穴の意味をもつ古典漢語k'ămg(呉音ではキヤウ、漢音ではカウ)を坑で表記する。