「厚」

白川静『常用字解』
「会意。厂は祖先の霊を祭る廟の屋根の形。㫗は儀礼のときに使用する鬯酒を捧げる形で、お供えを意味する字である。それで厚は廟の中でお供えを供えて、手厚く祖先の霊を祭ることをいう」

[考察]
形声の説明原理を持たず会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。厂(祖先を祭る廟の屋根)+㫗(鬯酒を捧げる)→廟の中で供え物をして手厚く祖先の霊を祭るという意味を導く。ここから「相手に対する思いやりが手厚い」の意味に転じたという。
字形に関する疑問として、なぜ厂が廟の屋根に限定されるのか。㫗は鬯酒を捧げる形であろうか。そんな形にはとうてい見えない。 㫗を音符とするのが通説である。
厚は古典の文脈でどのように使われているかを見てみよう。次の用例がある。
①原文:謂地蓋厚 不敢不蹐
 訓読:地蓋し厚しと謂ふも 敢へて蹐セキせずんばあらず
 翻訳:大地は厚いといっても 抜き足せずにはいられない――『詩経』小雅・正月
②原文:顏淵死、門人欲厚葬之。
 訓読:顔淵死す、門人厚く之を葬らんと欲す。
 翻訳:顔淵が死んだとき、門人たちは彼を手厚く葬ろうと思った――『論語』先進

①は平らな物体の上下の距離が大きい(空間的に分厚い)の意味、②は手厚い(丁重である、ねんごろ)の意味で使われている。白川説では②が本義で①は転義とするが、常識的に考えるなら、空間的な意味が最初 で、後に程度(程度が深い)→心理(情が深い)と転じたと見るのが自然である。
空間的に分厚いことを古典漢語ではɦug(呉音ではグ、漢音ではコウ)という。これを代替する視覚記号が厚である。これは「㫗コウ(音・イメージ記号)+厂(限定符号)」と解析する。㫗は亯の逆さ文字である。亯は「A⇆Bの形に通い合う」「スムーズに通る」というイメージがある(353「享」を見よ)。逆さ文字はイメージを逆転させる働きがある。AとBの間が通ずるのは中間に遮るものがないからである。したがってその反対は、中間に何かが詰まったり重なったりして通らないことである。厂は崖や石などと関係があることを示す限定符号である。したがって厚はある空間に石や土砂などが積もって(堆積して)分厚くなった状況を暗示させる。この図形的意味によって①の意味をもつɦugを表記する。