「高」

白川静『常用字解』
「会意。京の省略形と口とを組み合わせた形。口はᆸで、祝詞を入れる器の形。京はアーチ状の出入り口のある都の城門の形。その城門に祝詞を供えて、悪霊などが入りこまぬようにお祓いすることを高という。望楼のある大きな門であるから、高は“たかい、おおきい、すぐれる” の意味となる」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の特徴である。京(城門)+口(祝詞を入れる器)→城門に祝詞を供えて悪霊が入りこまぬようにお祓いをするという意味を導く。一方、城門に大きな望楼があるから「たかい」という意味が出たという。「お祓いをする」と「たかい」には何の関係があるのか、全く不明。
また「祝詞を供える」とあるが、祝詞は口で唱える言葉である。これを供えるというのは、祝詞の文言を木簡などに写して器に入れ、その器を供えるのであろうか。しかしお祓いをするのは祝詞を口で唱えて悪霊退散を祈ることであろう。口で唱えるのになぜ器に入れる必要があるのか疑問である。口を含む漢字をᆸ(祝詞を入れる器)で解釈するのが白川漢字学説の根幹であるが、非常な矛盾を抱えている。
さて高はただ「たかい」の意味であることは次の文脈でも明らかである。
 原文:謂天蓋高 不敢不局
 訓読:天蓋し高しと謂ふも 敢へて局せずんばあらず
 翻訳:天は高いけれども 身をかがめずにはいられない――『詩経』小雅・正月

空間的に場所や位置が高いという意味から、階級・年齢・能力・価値などの程度が上の方である(すぐれている、立派である)の意味などに転義する。これらの意味をもつ古典漢語がkɔg(呉音・漢音でカウ)である。これを代替する視覚記号として高が考案された。『説文解字』では高を「台観(物見台)の高きの形に象る」 という。高い建物の象形でも構わない。白川学説では高に口があるから祝詞説を取るが、口は入り口として不思議はない。