「控」

白川静『常用字解』
「形声。音符は空。説文に“引くなり”とあって、弓を引くこと、また矢が落ちることをいう。控は弓を引き、頤をたたくときの音を写した語のように思われる」

[考察]
形声の説明原理がなく会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。しかし空からの説明ができないため擬音語とした。
控は古典でどのように使われているかを見てみよう。
 原文:控于大邦 誰因誰極
 訓読:大邦より控(ひきさが)りて 誰に因り誰に極(いた)らん
 翻訳:大国から退いて 誰を頼りにして行けばよい――『詩経』鄘風・載馳
控は手前の方へ引っ張るという意味から、身を引く(引き下がる)という意味に転じた。『詩経』ではすでに転義で使われている。手前の方へ引く意味をもつ言葉を古典漢語ではk'ung(呉音ではクウ、漢音ではコウ)という。これを代替する視覚記号が控である。
控は「空(音・イメージ記号)+手(限定符号)」と解析する。空は「空っぽ、うつろ」というイメージがあり、これは「∪の形にへこむ」というイメージに展開する。控は『説文解字』にある通り、弓を引く場面から発想された語である。控は弓を引いて弦が∪の形にへこむ情景を暗示させる図形である。この図形的意匠によって、手前の方に引っ張る意味をもつk'ungを表記する。また、「∪の形にへこむ」というイメージは「下や後ろの方に下がる」というイメージに展開するので、引き下がるという意味を派生した。この意味が上記の文献に用いられている。
なお「ひかえる」の意味は日本的展開である。