「構」

白川静『常用字解』
「形声。音符は冓。冓は同じ形の飾り紐を上下に繋ぎ合わせた形で、組み合わせるの意味がある。木材を組み合わせてものをつくることを構という」

[考察]
「同じ形の飾り紐を上下に繋ぎ合わせた形」は図で示すとㅁ-ㅁの形であろう。これが「組み合わせる」という意味になるだろうか。「繋ぎ合わせる」の意味なら分かるが。
構が「木材を組み合わせて物を作る」という意味とすれば細工する意味も含まれてしまう。そうではなく構はただ「組み立てる」という意味であって、「木材」や「物を作る」という意味素は含まれない。
図形的解釈をストレートに意味とするのが白川漢字学説の特徴である。余計な意味素が意味に混入することが多い。
構は古典でどのように使われているかを見てみる。
 原文:化人之宮構以金銀。
 訓読:化人の宮、構ふるに金銀を以てす。
 翻訳:魔術師の宮殿は金銀で構成されている――『列子』周穆王

構は組み立てるという意味で使われている。これを古典漢語でkug(呉音ではク、漢音ではコウ)という。これを代替する視覚記号として構が考案された。
構は「冓コウ(音・イメージ記号)+木(限定符号)」と解析する。冓は上下に同じ形が対称形に向き合っていることを示す象徴的符号で、上下対称・左右対称のイメージから、「バランスよく組み立てる」というイメージを表す記号となる。したがって構は材木を縦横・上下にバランスよく組み立てる情景を暗示させる図形。この意匠によって、組み立てることを意味するkugを表記する。