「興」

白川静『常用字解』
「会意。同と𦥑と廾とを組み合わせた形。同は酒杯。𦥑と廾はともに左右の手を並べた形。酒杯である同を両手で持ち、さらに下から両手で支え持って酒を注ぐことをいう。地霊を祀るとき、大地に酒をふり注いで地霊に気づかせ、地霊をよびおこす儀礼を興という。地霊をよび興すことから“おこす” の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。同(酒杯)+𦥑(両手)+廾(両手)→酒杯を両手で持ち、さらに下から両手で支え持って酒を注ぐという意味を導く。
同が酒杯を表すという根拠はない。「同」の項では「筒形の酒杯の名と思われる」とあり、推測に過ぎない。また酒杯を両手で持ち、さらに下から両手で支えるというが、こんな捧げ方があるだろうか。なぜ二人が必要なのか分からない。また、地霊が出てくるのは唐突である。「同+𦥑+廾」はただ両手で捧げるの意味になりそうなものであり、地霊が出る余地はない。興に「地霊を呼び起こす」という意味もあり得ない。
言葉という視点がなく、字形的解釈をストレートに意味とするのが白川漢字学説の特徴である。この方法では余計な意味素が混入したり、あり得ない意味が出てくることが多い。
意味とは「言葉の意味」であって字形にはない。言葉(記号素)は音と意味の結合体というのが言語学の定義である。だから意味は言葉に内在する概念であり、それ以外に意味はない。
意味は言葉が使われる文脈から出るものである。文脈がなければ意味の取りようがない。興は次のような文脈で使われている。
①原文:王于興師 脩我戈矛 與子同仇
 訓読:王于(ここ)に師を興さば 我が戈矛を脩め 子と仇キュウを同じくせん
 翻訳:王が戦を起こすなら ほことやりを整えて 君と一緒に仲間になろう――『詩経』秦風・無衣
②原文:子興視夜 明星有爛
 訓読:子興きて夜を視よ 明星爛たる有り
 翻訳:あなた起きて夜をごらんよ 明けの明星がきらきらしてる――『詩経』鄭風・女曰鶏鳴

①は立ち上げる、物事を始める(おこす)という意味、②はベッドから起き上がるという意味で使われている。これを古典漢語でhiəng(呉音ではコウ、漢音ではキョウ)という。これを代替する視覚記号として興が考案された。
興は「舁+同」に分析できる。舁は「𦥑(両手)+廾(両手)」を合わせて、何人かが手を組んで一緒に持ち上げる状況を設定した図形。駕籠を舁(か)くの舁である。與(与)や輿(こし)にも含まれている。同は「一緒にそろう」というイメージがある。「舁(イメージ記号)+同(イメージ補助記号)」を合わせた興は、みんなで一緒に手を組んで物事を立ち上げる状況を暗示させる。この図形的意匠によって、上記の①を意味するhiəngを表記する。