「告」
正字(旧字体)は「吿」である。

白川静『常用字解』
「象形。木の小枝に口(ᆸ)を著ける形。口はもとᆸで、祝詞を入れる器の形。木の小枝にᆸを著けて神前に掲げ、神に告げ祈ることをいう」 

[考察]
疑問点①「牛+口」に分析するのが古来の通説だが、白川は牛ではなく木の小枝とする。しかしどう見ても木の小枝には見えない。②祝詞は口で唱える祈りの言葉で、聴覚言語である。これを器に入れるとはどういうことか。視覚記号の文字に写し替えて木簡か布などに書いて器に入れるのか。祈りの内容は文字に写すと多量にもなるだろう。器は大きくないと入らない。これを小枝に掛けることができるだろうか。また口で告げて祈るはずなのに、なぜわざわざ器に祝詞を入れるのだろうか。いろいろ疑問が浮かぶ。③告に「神に告げ祈る」という意味があるだろうか。「告げ祈る」とはどういうことか。
字形から意味を導くのは根本的に誤りである。言葉(記号素)は音と意味の結合したもので、意味は言葉に内在する概念というのが言語学の定義である。
白川漢字学説は言葉という視座がない。そのため字形から意味を求める。これでは図形的解釈がそのまま意味となってしまい、余計な意味素が混入したり、あり得ない意味が作り出される。
まず言葉が文脈でどのように使われているかを尋ねて意味を確定し、それから言葉の深層構造を追究すべきである。これによって初めて意味と図形の関係も明らかになる。
告は古典に次の用例がある。
①原文:取妻如之何 必吿父母
 訓読:妻を取(めと)るに之を如何(いかん)せん 必ず父母に告ぐ
 翻訳:妻をめとるにはどうすべき 必ず父母にまず告げる――『詩経』斉風・南山
②原文:吿諸往而知來者。
 訓読:諸(これ)を往に告げて来を知る者なり。
 翻訳:過去のことを告げると未来のことが分かる人だ――『論語』学而

①は下位の者が上位の者に訴える意味、②は知られていないことや隠されたことを相手に話して知らせる意味で使われている。これを古典漢語でkog(呉音・漢音でカウ)という。これを代替する視覚記号として吿が考案された。
吿は「牛+口」というきわめて舌足らず(情報不足)な図形で、造形の意図がはっきりしない。梏(手を縛る枠、手かせ)や牿(牛を閉じ込める枠、檻)などから類推すると、告に「枠をきつく縛る」というコアイメージが想定される。古人は牛の角が物や人に触れて傷つけないように横木で縛ると考えて衡の由来を説明しているが、告も同じような場面から発想されたと考えてよい(『説文解字』にもこの説がある)。しかし「つげる」の意味と結びつかない。
「枠をつけて縛る」というイメージの反対側に「枠をはみ出る」というイメージがある。この二つのイメージは可逆的(相互転化可能な)イメージである。笵・範(一定の枠)――犯(枠をはみ出る)、また監(一定の枠に収める)・檻(閉じ込める枠)――濫(枠をはみ出る)というような例がある。告も同じように「枠で縛りつける」から「枠をはみ出ていく」の方向に転じたと考えられる。この場合の枠とは社会的な規制・おきて・身分・立場など人間関係を縛るものである。このような枠・壁を突破して下位の者が上位の者に訴えることを意味するkogを吿の図形によって表記したのである。
以上のように考えると吿の図形的意匠が明らかになる。「牛+口(四角い枠)」を合わせて、牛の角を縛る情景を設定し、「枠からはみ出ないようにきつく縛る」というイメージを暗示させようとした。「枠で縛る」と「枠をはみ出る」は表裏一体のイメージである。告(訴える)は枠からはみ出る行為なのであるが、「枠からはみ出る」は図形化しにくいので、反対の「枠で縛る」を図形化して「枠をはみ出る」を暗示させる手法を取った。
②の「知られていないこと」や「隠されたこと」は枠に閉じ込められた状態であり、これを突破して知らせるというのが②の意味である。