「左」

白川静『常用字解』
「会意。ナ(サ) と工とを組み合わせた形。ナは左のもとの字で、左手の形。工は巫祝が祈りごとをするときに持つ呪具。左は左手に工を持って祈り、神のいる所を尋ね、神の佑助を求めることをいう」

[考察]
ナはサの音で音符だから形声のはず。白川漢字学説には形声の説明原理がないからすべて会意的に説くのが特徴である。会意とはC=A+Bの場合、文字Aの意味aと文字Bの意味bを足し合わせた「a+b」が文字Cの意味とする手法である。ナ(左手)+工(呪具)→左手に工を持って祈り、神のいる所を尋ね、神の佑助を求めるという意味を導く。
工を呪具とするから神が出てくる。しかしなぜ左手で呪具を持つのか。なぜ神の居場所を尋ねるのか。神の居場所とは何なのか。よく分からない。
左に「左手に工を持って祈り、神のいる所を尋ね、神の佑助を求める」という意味があるだろうか。これは図形的解釈であろう。図形的解釈と意味を混同するのが白川漢字学説の特徴である。
甲骨文字ではナが「ひだり」の意味で使われている。左はその後に生まれた「ひだり」を表す字である。左に「神に佑助を求める」という意味はない。神が祐助するという意味なら祐にある。右には「かばい守ってたすける」という意味があるが、左はこれとは違う。「側で支えてたすける」という意味で、後に佐と書かれる。
歴史的、論理的に左の成立を考える。
まず言葉があった。「ひだり」を意味する古典漢語はtsar(呉音・漢音ではサ)という。これは聴覚記号である。これを視覚記号に切り換えるため考案されたのが、最初はナという図形である。これは又(右手の形)の鏡文字である。ついで字体が「ナ+工」に変わって左が生まれた。
字体の変化は左と右に対する観念とも関係がある。古典漢語の世界は右優先社会であった。言語はこれを反映している。右に「かばい守ってたすける」という意味、左に「側で支えてたすける」という意味があるのは右を上位(優位)、左を下位とすることに由来する。
主たるものを支える行為を図示すると、|の形や|の形や⭧|⭦の形である。⭧|⭦は「中心のものを両脇から支える」というイメージである。⭧⭦の形は∧の形でもある。これは先の尖った形、ぎざぎざの形である。ここから「ぎざぎざで形がそろわない」「ちぐはぐで食い違う」というイメージにも展開する。左に与えられたイメージは左右の観念(右を優位とする)からも想定されるし、手の機能(利き手が右の人が多い)からも想定される。
以上のようにナは左手を表したが、tsarという語のコアには「(中心のものを)脇から支える」というイメージがある。かくて左は「ナ(サ)(音・イメージ記号)+工(限定符号)」と解析する。ナは「主たるものを脇から支える」というイメージがある。工は工作の場面を設定するための限定符号である。左は工作をする際に右手の支えとなる働きをする左手を暗示させる。この図形的意匠によって「ひだり」を意味するtsarを表記する。
意味はコアイメージによって展開する。「脇で支える」というイメージから、主たるものを脇から力を添えて助けるという意味が生まれる。また、「ちぐはぐで食い違う」というイメージから、正しくないという意味(左道の左)が生まれる。また、右との違い(左を下位とする)から劣るという意味にもなる。これが左遷の左である。