「細」

白川静『常用字解』
「形声。音符は囟シ。囟はひよめきの形で、細かい網目の形に似ている。織物の織り目の細かく薄いものを細といった」

[考察]
囟をひよめきの形としたのはよいが、図形的解釈をストレートに意味としたのが間違いである。細はただ「ほそい」の意味であって、織物とは関係がない。
形声の説明原理を持たず、すべて会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。字面をなぞって意味を引き出す傾向がある。その結果図形的解釈と意味を混同する。
形声の説明原理とは言葉という視点に立ち、言葉の深層構造に掘り下げ、語源的に意味を考える方法である。細がどのように使われているかを古典の用例で見てみよう。
 原文:膾不厭細。
 訓読:膾は細きを厭(いと)はず。
 翻訳:なます料理については、細く切ったものも嫌いではない――『論語』郷党

細は物の形状が幅や厚みがなく小さい(ほそい)という意味で使われている。これを古典漢語でser(呉音ではサイ、漢音ではセイ)という。これを代替する視覚記号として細が考案された。
王力(現代中国の言語学者)は細・屑・砕を同源としているが(『同源字典』)、藤堂明保は細・死・私・西などを同源とし、「細かく分かれる」という基本義があるとしている(『漢字語源辞典』)。物が分散すると、小さくなり、細かくなる。また、その形状には厚みがなくなる。この事態や形状をserというのである。
細は「囟シン(音・イメージ記号)+糸(限定符号)」と解析する。囟が田(たんぼの田とは別)に変形する。思の田も囟の変形である。囟は小児の頭蓋骨にある「ひよめき」(「おどり」ともいう。医学用語では泉門)を略画的に示した図形である。漢字の造形法では実体よりも形態・機能に重点が置かれる。泉門という実体ではなくその形態や機能に重点がある。泉門は頭蓋骨が固定する前の未縫合部分である(前頭部と後頭部にある)。細い隙間が開いており、脈搏とともにひくひくと動く(日本語の「ひよめき」の語源もここにある)。だから囟は「隙間が開いている」「細かく分かれている」「ふわふわとしている」「柔らかい」「軽い」などのイメージを示す記号になりうる。かくて細が作られた。これは「細くて小さな糸」という意匠である。ただし図形的意匠は意味と同じではない。意味を暗示させるだけである。糸という限定符号は糸に関わる状況・場面に設定しただけであって、必ずしも意味素に含まれない。意味はただ「ほそい」「こまかい」である。