「際」

白川静『常用字解』
「会意。阜と祭とを組み合わせた形。阜(阝)は神が天に陟り降りするときに使う神の梯の形。その前の祭壇(示)に手(又)で肉を供えて祭ることをいう」

[考察]
祭は明らかに音符だから形声のはず。しかし白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説く特徴がある。本項は「阜+祭」の会意としているが、内容を見ると、「阜+示+又+肉」の会意でもおかしくない。意味もそれらを足し合わせて、「神の梯の前の祭壇に手で肉を供えて祭る」こととしている。際と祭の区別は「梯の前」でまつるか、そうでないかの違いになっている。また、際涯や天際の際(きわ)の意味について、「そこ(神の梯)は天から降りて来る神と人とが相接する所で、際とは神人の際、“きわ”をいう」と説明している。
いったい神の梯とは何のことか。神と人が接する所というから実在の物に違いない。しかし天に上り下りする梯の存在は想像ができない。
字形の解剖、意味の取り方、両方とも疑問がある。それは言葉という視座がなく、字形から意味を導く白川漢字学説の問題でもある。意味とは「言葉の意味」であって字形の意味でないことは言うまでもない。言葉(記号素)は音と意味の結合したものであり、意味は言葉に内在する概念というのが言語学の定義である。
際を言葉という視点から見よう。それには古典における用法を尋ねる必要がある。次の用例がある。
①原文:剛柔際也。
 訓読:剛柔際するなり。
 翻訳:剛と柔が出会うのである――『易経』坎
②原文:敢問交際何心也。
 訓読:敢へて問ふ、交際は何の心なるか。
 翻訳:お尋ねします。交際はどんな心ですべきでしょうか――『孟子』万章下
③原文:君臣之際非父子之親也。
 訓読:君臣の際は父子の親に非(あら)ざるなり。
 翻訳:君臣の関係は父子のような親しさではない――『韓非子』難一
④原文:唐虞之際。
 訓読:唐虞の際。
 翻訳:帝尭と帝舜の時代の境――『論語』泰伯

①は二つのものが出会う意味、②は二つのものが触れ合う意味、③は二つのものが触れ合う関係の意味、④は二つのものが接触する所・時の意味で使われている。これらを統括する基本的な意味は「二つのものが触れるほど接触する」という意味である。これを古典漢語をtsiad(呉音ではサイ、漢音ではセイ)という。これを代替する視覚記号が際である。
際は「祭(音・イメージ記号)+阜(限定符号)」と解析する。祭は「汚れを払い清める」というイメージがある(631「祭」を見よ)。汚れを除くためには「(水で)洗う」や「(手や道具で)こする」などの行為が前提にある。ここには汚れたものと、それを取るものとの関係がある。かくて祭は「二つのものが触れてすれ合う」というイメージに展開する。阜は積み上げた土の図形で、盛り土、土壁、段々、山、丘などと関係があることを示す符号である。限定符号は図形的意匠を作るために場面や状況・情景を設定する働きがある。際は壁と壁が接触する所を暗示させる。『説文解字』に「際は壁会するなり」とある。この図形的意匠によって①の意味をもつtsiadを表記する。