「在」

白川静『常用字解』
「会意。才と士とを組み合わせた形。才は表示として樹てた標木(目印の木)の形。標木の上部に小さな横木をつけ、そこにᆸ(祝詞を入れる器の形)をつける。これによってその場所が聖化され、神聖な場所として“ある” ことをいう。才は神のある所を示す字であるが、それに士(小さな鉞の頭部の形)を聖器としてそえて才を守り、神聖な場所としてあることを確認する。才が在のもとの字で、在は神聖なものとして“ある”の意味とある」

[考察]
字形の解剖に疑問がある。土は土であって、士には見えない。士を土に間違えた例(牡の土は士の誤り)はあるが、逆はない。また才にᆸがつけてあるというが、どこにも見えない。
また才は明らかに音符で形声のはずだが、白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くので、あえて会意と規定している。会意とはAの意味とBの意味を足し合わせた「A+B」をCの意味とする方法である。才(標木)+士(聖器)→祝詞の器によって場所が聖化され、聖器によってそれを守る→神聖な場所としてあるという意味を導く。
才にᆸがあるというのが疑問、土を士に換えるのも疑問だから、在の意味も疑問である。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。図形的解釈をストレートに意味とする傾向がある。ここには言葉という視座が全くない。意味は言葉の使い方にある。言葉の用例を見るのが先決である。古典の文脈から意味を確かめ、語源を調べ、その後に字源を考えるのが漢字を正しく理解する筋道である。
在は次のような文脈で使われている。
①原文:天之生我 我辰安在
 訓読:天の我を生みたる 我が辰(とき)は安(いづこ)にか在る
 翻訳:天は私を生んでくれたが 私の[生きるべき]時はどこにあるのか――『詩経』小雅・小弁
②原文:夙夜在公 寔命不同
 訓読:夙夜公に在り 寔(まこと)に命同じからず
 翻訳:宵から朝まで宮仕え 何たる定めの違い――『詩経』召南・小星
③原文:父在觀其志。
 訓読:父在(いま)せば其の志を観よ。
 翻訳:父が生きているなら、彼の志をとくと見なさい――『論語』学而

①はある場所にいる意味、②はある立場や境遇にある意味、③は生きてこの世にある意味で使われている。これを古典漢語ではdzəg(呉音でザイ、漢音でサイ)という。これを代替する視覚記号として在が考案された。
在は扗と書くのが本字で、左側は手偏ではなく才。だから「才(音・イメージ記号)+土(限定符号)」と分析する。才は流れをせき止める図形で、「―↓―の形に途中で断ち切る」、あるいは「→|の形に止める」というイメージを表す記号になる(621「才」を見よ)。在はある場所でじっと止まる情景を設定した図形。この意匠によって何かがある場所にあることを暗示させる。これが①の意味。どんな場所かによって意味は②③に展開する。
在は神聖な場所とは何の関係もない言葉である。