「削」

白川静『常用字解』
「会意。肖は小さな肉が骨に連なっている形で、あるいは腱の部分のついた肉の形であるかもしれない。削はそれに刀を加えている形で、肉を削り取る意味を示し、“けずる、そぐ”の意味となる」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなくすべて会意的に説く特徴がある。肖(小さな肉が骨に連なる)+刀→肉を削り取るという意味を導く。
削に「肉を削り取る」という意味はない。これは図形的解釈であろう。図形的解釈と意味を混同するのが白川漢字学説の特徴である。
削は古典で次のような用例がある。
 原文:築之登登 削屢馮馮
 訓読:之を築くこと登登たり 削りて屢(しばし)ば馮馮ヒョウヒョウたり
 翻訳:[築城工事で]杵で搗く音トントンと 板を削る音パンパンと――『詩経』大雅・緜
削は少しずつそぎ取って小さくする(けずる)意味で使われている。これを古典漢語でsiɔk(呉音でサク、漢音でシャク)という。これを代替する視覚記号が削である。
削は「肖ショウ(音・イメージ記号)+刀(限定符号)」と解析する。肖は「小(音・イメージ記号)+肉(限定符号)」と分析する。小は「小さくばらばらにする」「小さい」というイメージがある(「小」で詳述)。肉は肉体や人体と関係があることを示す限定符号。素材を削って原物(人体の原形)に似せた小さい像を作る場面を設定したのが肖の図形である(「肖」で詳述)。この意匠によって「似る・似せる」を表す。肖のコアには「小さい」「(削って、あるいはそぎ取って)小さくする」というイメージがある。かくて削は物を刀で少しずつそぎ取って小さくする状況を暗示させる。この図形的意匠によって上記の意味をもつsiɔkを表記した。