「蚕」
正字(旧字体)は「蠶」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は朁サン。説文に“糸を任(吐)く虫なり” とあって、“かいこ”をいう」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく、会意的に説く特徴がある。しかし本項では会意的にも説明できず、字源を放棄している。
形声の説明原理とは言葉の深層構造に掘り下げ、語源的に意味を説き明かす方法である。形声文字は「A(音・イメージ記号)+B(限定符号)」という構成をなしており、Aが深層構造にかかわる部分、すなわちコアイメージを表す基幹記号である。Bは言葉の意味が何とかかわっているか、すなわち意味領域を限定する符号である。
蠶は「朁サン(音・イメージ記号)+䖵(限定符号)」と解析する。朁を分析すると「兓シン(音・イメージ記号)+曰(限定符号)」となる。兓は兂シンを二つ合わせたもの。兂は簪シンの原字で、かんざしを表す。かんざしは髪に挿す道具であり、「隙間にもぐりこむ」というイメージを表すことができる。兓も同じイメージを表す記号である。曰は言語行為に関する場面を設定する限定符号。したがって朁は人間関係の間に悪口をもぐりこませる状況を暗示させる。つまり譖シン(悪口を言う、中傷する、そしる)である。簪(かんざし)、譖(そしる)と場面が変わっても「隙間にもぐりこむ」というコアイメージは変わらない。䖵コンは昆虫の意味領域を指示する限定符号である。かくて蠶の図形的意匠も明らかになる。飼料(桑の葉)にもぐりこんで旺盛に食べる虫というのが図形的意匠である。これによって「かいこ」を意味する古典漢語dzəm(呉音ではゾム、漢音ではサム)を表記する視覚記号とした。
以上によって「かいこ」をなぜ蠶と書いたかがはっきりする。ちなみに「隙間にもぐりこむ」というイメージは潜水の潜(もぐる)に生きている。