「産」
正字(旧字体)は「產」である。

白川静『常用字解』
「会意。厂は額の形。文は文身(入れ墨)で、一時的に朱や墨を描いた入れ墨。生まれた子の額に文身を加える儀礼を産という。それで産は“うむ、うまれる” の意味となる」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。厂(額)+文(入れ墨)+生→生まれた子の額に文身を加える儀礼という意味を導く。これから「うむ」の意味に転じたという。
生まれたばかりの赤ん坊に入れ墨をするとはどういうことか。「一時的に朱や墨を入れる」というが、これは入れ墨とは言わないだろう。終生消えないものが入れ墨であろう。「文」はあや・模様の意味であって入れ墨ではない。
産に「入れ墨を加える儀礼」といった意味はない。意味とは「言葉の意味」であって図形の解釈ではない。図形的解釈と意味を混同するのが白川漢字学説の特徴である。
言葉という視点から産を見てみよう。産は古典に次の用例がある。
 原文:父母之於子也、產男則相賀、產女則殺之。
 訓読:父母の子に於けるや、男を産めば則ち相賀し、女を産めば則ち之を殺す。
 翻訳:父母が子に対する関係は、男子を産むと祝福するが、女子を産むと殺してしまう――『韓非子』六反

産は子をうむ(出産する)の意味である。これを古典漢語でsăn(呉音でセン、漢音でサン)という。これを代替する視覚記号として產が考案された。
「うむ」には生と産があるが、生は植物が発生することに由来する。これに対して、母体(母胎)からの出産から発想された言葉が産である。母胎からの出産から発想されて図形が作られた字に免と奐(換)があるが、産は「子をうむ」という意味を直接表現するために考案された。子を産む行為を母体の変化から見ると、膨らんだ腹が元の状態に戻ることである。この母体の変化を図形に表現したのが產である。
產の前に彥(彦)という記号があり、これが利用された。彥は「文+厂+彡」に分析できる。文はあや・模様であり、美しいもののイメージ。厂は⎾の形のイメージ。 「厂カン(音・イメージ記号)+文(イメージ補助記号)+彡(限定符号)」を合わせた彥は、横顔(額の部分)がᒥの形にくっきりと美しく整った状態を暗示させる(254「顔」を見よ)。男の額を横から見て⎾の形を呈するなら、ハンサムであろう(彦は美男子の意味がある)。
產は彥の彡を生に換えた字である(限定符号の交換)。「彥の略体(イメージ記号)+生(限定符号)」と解析する。彥は「ᒥの形に美しく整っている」というイメージがある。子を生んで「」の形のおなかが⎾の形にすっきりとした状態になるということを暗示させるのが產の図形的意匠である。これによって「子をうむ」を意味するsănを表記する。