「賛」
正字(旧字体)は「贊」である。

白川静『常用字解』
「会意。兟は二本の簪を並べた形。簪は古くは呪具として用いることがあり、貝に簪をそえて祈り、神の祐助を求めることを賛という。祈りに対して神が同意し、神の祐助をうけてことが成就することから、神徳をたたえることを賛という」

[考察]
字形の分析に疑問がある。贊の上部の兟と、簪に含まれる兓は形が似ていて紛らわしいが、全く別字である。兟は先を二つ並べた形で、シンと読む。兓は兂(かんざし)を二つ並べた形で、サン・センと読む。
贊を簪から説明するのは誤りである。だから字形から引き出した「神の祐助を求める」「神徳をたたえる」という意味もあり得ない。
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の真骨頂であるが、字形の分析を間違えると致命傷である。
そもそも字形から意味が出るのではなく、意味は言葉に内在する観念であって、言葉が使用される文脈に現れるものである。贊がどんな文脈で使われているかを調べてみよう。
①原文:命大尉贊桀俊。
 訓読:大尉に命じて桀俊を賛(すす)めしむ。
 翻訳:大尉[官名]に命令して優れた人物を推薦させる――『礼記』月令
②原文:益贊于禹。
 訓読:益は禹を賛(たす)く。
 翻訳:益[人名]は禹[夏王朝の始祖]を輔佐する――『書経』大禹謨
③原文:旦日贊群臣而訪之。
 訓読:旦日群臣を賛(ほ)めて之を訪ふ。
 翻訳:元旦に群臣をほめて彼らを訪問した――『戦国策』趙策

①は上(前)の方へ物を進める(差し上げる、推薦する)の意味、②は力を合わせそろえて相手を助ける(輔佐する)の意味、③は口を合わせて相手を誉め上げる意味で使われている。この意味をもつ古典漢語がtsan(呉音・漢音でサン)であり、これを代替する視覚記号が贊である。
贊は「兟シン(音・イメージ記号)+貝(限定符号)」と解析する。『説文解字』に「兟は進なり」とあり、進むという意味があるが、進(ずんずんとすすむ)よりもむしろ前と同源の語である。前は「揃える」がコアイメージで、両足を揃えた歩き方である。どういうことかというと、前に進む際、一旦両足を揃え、次に片足を前に踏み出し、その次に別の片足を揃える。このようなステップで進むことを前というのである(1096「前」で述べる)。この歩き方を踏まえて図形化したのが兟である。
 先は足先を出して進むことから発想された図形で、足先を表す記号になる(1073「先」、1078「洗」を見よ)。足先を二つ並べた兟は両足を揃えた歩き方を暗示している。この意匠によって「二つを合わせそろえる」というイメージを表すことができる。「兟シン(音・イメージ記号)+貝(限定符号)」を合わせた贊は両手をそろえて物(礼物など)を前方(あるいは上方)へ進める情景を設定した図形である。この図形的意匠によって上記の①の意味をもつtsanを表記する。
意味はコアイメージによって展開するのが漢語意味論の特徴である。「合わせそろえる」というコアイメージから②の意味(賛助の賛)と、③の意味(賛美の賛)に展開する。また、相手に意見を合わせそろえる意味にも展開する。これが賛成の賛である。