「史」

白川静『常用字解』
「会意。中と又とを組み合わせた形。史の場合の中は、木にᆸ(祝詞を入れる器の形)をつけた形である。又は右手の形。史はᆸをつけた木を右手に持ち、高く捧げて神に祈り祭るの意味である。史はもと祭りの意味であったが、のち祭りを行う仕事をする人を史といい、また祭りの記録をする人、祭りの“記録(ふみ)”を史という」

[考察]
「中」を祝詞を入れる器に木の棒を通した形と見るらしい。「口」を祝詞を入れる器とするのが白川漢字学説の真骨頂であるが、疑問がある。祝詞は祈りの言葉で、聴覚言語(音声)である。これを器に入れるとはどういうことか。文字にして木簡・竹簡や布などに書いて器に入れるのだろうか。何を祈るかによって書写材料は多量になるだろう。これをどのような器に入れるのか。また、それに木を通して高く捧げるとはどういうことか。祭りで祈りをするわけだからわざわざ器を捧げる必要があるだろうか。数えあげればきりがないが、「口」を祝詞を入れる器とする説は疑問とせざるを得ない。
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。中(木に祝詞を入れる器をつける)+又(右手)→祝詞をつけた木を右手で高く捧げて神に祈り祭るという意味を導く。こんな意味が史にあるだろうか。図形的解釈と意味が混乱している。史を祭りの意味とすること自体がおかしいから、祭りの仕事をする人、祭りの記録をする人、祭りの記録への意味展開もあり得ない。
意味とは「言葉の意味」であって字形にあるわけではない。言葉が具体的文脈で使われる際に読み取れる意味である。史は甲骨文字でもすでに記録者(史官)の意味がある。古典では次の用例がある。
①原文:既立之監 或佐之史
 訓読:既に之(これ)が監を立て 或いは之が史を佐とす
 翻訳:監事の役を立てたからには あるいは記録係もつけておく――『詩経』小雅・賓之初筵
②原文:吾猶及史之闕文也。
 訓読:吾猶(なお)史の闕文に及ぶなり。
 翻訳:私はどうやら史書に欠けた文章を見ることができた――『論語』衛霊公

①は出来事を記録する役人の意味で、②は出来事を記した文書の意味である。出来事(歴史)の意味はこれからの派生義である。古典漢語ではこれをsïəg(呉音・漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として考案されたのが史である。
語源について王力(現代中国の言語学者)は史・事・士・仕を同源としている(『同源字典』)。藤堂明保はこれらのほかに使も同源とし、「立つ・立てる」という基本義があるとしている(『漢字語源辞典』)。なぜ史がこれらと同源なのか。藤堂は史は「記録を記した竹札を筒に入れて立てている記録係の姿を示し、特定の役目をあずかる意を含む。使(役目をあずかる使い)・事(旗を立てる旗本、その仕事を役目としてあずかる)と同系のことば」と述べている(『学研漢和大字典』)。図形を「立てる」で解釈し、意味は「役目をあずかる」で解釈している。これは変である。意味に「立てる」のコアイメージがないと同源とは言えない。
①がsïəgという語の最初の意味である。過去の出来事を記録する専門家である。過去の出来事は記録しないと記憶から去り、風化し、消滅する。記録が無ければ無に等しい。無にしないため、過去の出来事を目に見えるようにする役目を負っているのが史である。ここに、消えるかもしれないものを立ち上げて目に見えるようにするというイメージがある。つまり「立てる」とは伏せたもの、隠れたもの、見えないものを立ち上げて、はっきり姿が見えるようにすることである。記録の意味はこれである。だから記録を専門にする人をsïəgといい、史と書くのである。では史はどんな意匠をもつ図形か。ここからやっと字源の話になる。
史は白川も言う通り「中+又」に分析できる。しかし中は祝詞とは無関係である。中は枠の中を縦棒が貫くことを示す図形である。実体に重点を置かないのが漢字の造形法だが、①の意味を暗示させるには「縦棒が貫く」という抽象的なイメージでは不十分である。文字の創作者は縦棒を筆のような筆記用具としたのかもしれない。甲骨文字の時代には筆もあったし、甲骨に刻むにはナイフや錐のような先の尖った用具もあったと想像される。このように考えると、中(枠に棒を貫いた形)と又(手)を合わせた史は、筆記用具を手に持つ図形と解釈できる。これを図形的意匠(図案、デザイン)として①の意味を暗示させようとしたのである。