「司」

白川静『常用字解』
「会意。Aと口とを組み合わせた形。Aはおそらく祭祀のときに使用する器。口はᆸで、祝詞を入れる器の形。司は祝詞を唱えてお祈りするときの儀礼を示す字であろう。そしてその儀礼を主る人がそのことに従事するので、司は“つかさどる”の意味となる」
A=[司-口](司から口を除いた部分)

[考察]
Aは文字なのか符号なのか。祭祀に使用する器とあるが、何なのか実体が分からないでは司においていかなる意味をもつのかも分からない。字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法であるから、A(何かの器)+ᆸ(祝詞を入れる器)→祝詞を唱えて祈る儀礼という意味になるのか疑問が起こる。だいたい祝詞を唱えるのになぜ祝詞を入れる器が必要なのかもはっきりしない。 司の解釈は中途半端である。
字形から意味を導く方法に問題がある。むしろ誤った方法と言わねばならない。意味は言葉に属する概念であって、字形に属する概念ではないからである。意味は言葉が使われる文脈から読み取るものである。文脈がなければ意味は知りようがない。司は次のような文脈で使われている。
①原文:欲司間。
 訓読:間を司(うかが)はんと欲す。
 翻訳:隙間から様子を見ようとした――『荀子』王覇
②原文:耳司聽。
 訓読:耳は聴を司(つかさど)る。
 翻訳:耳は聴覚の働きを担当する――『管子』宙合
③原文:乃召司空、乃召司徒
 訓読:乃ち司空を召し、乃ち司徒を召す
 翻訳:時に建設大臣を召し出し 時に労働大臣を召し出す――『詩経』大雅・緜

①は様子をうかがう意味、②は一つの仕事だけをよく見極める(一つの仕事だけを担当する)の意味、③は一つの役目を担当する者、またその所(つかさ)の意味で使われている。これを古典漢語でsiəg(呉音・漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として司が考案された。
『説文解字』に「司は反后に従ふ」とあるように、司と后は鏡文字の関係にある。鏡文字は互いに反対のイメージを作り出す手法である。535「后」でも述べたが、后は「匕(右向きの人)+口(穴)」、司は「人(左向きの人)+口(穴)」である。人体の後方にある穴は肛門である。これによって后は「うしろ」を暗示させる。前方にある穴は尿道だろうが、そんな意味を表すのではなく、司は「小さい」というイメージを表す。反対のイメージになっていないが、対称性に力点を置くと后は「大きい」→「分厚い」というイメージである。
司は「小さい」「狭い穴」「狭い隙間から出入りする」というイメージを示す記号で、伺・詞・嗣・飼・覗・祠・笥など一連のグループを構成する基幹記号となる。
この司で①~③の意味をもつsiəgを再現させる視覚記号とするのはなぜだろうか。「うかがう」という行為は狭い隙間を通して様子を見ることである。よく見極めるためにも、範囲を限定して見る必要がある。特に役所の仕事は細かく範囲を分けて、それぞれの担当を置いて、事務を行う。このようにして一つの仕事・役目だけをよく見極めることが「つかさどる」ということである。以上のように①から②③へ意味が展開する。