「死」

白川静『常用字解』
「会意。歹と人(匕)とを組み合わせた形。歹は死者の胸から上の残骨の形。古くは死体を一時的に草むらに棄て、風化して残骨となったとき、その骨を拾ってほうむることを葬という。拾い集めた残骨を拝み弔う形が死で、“しぬ、ころす” の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。歹(胸から上の残骨)+人→残骨を拾い集めて弔う→死ぬという意味を導く。なぜ胸から上の残骨を拾い集めるのか。残骨とは何か。肉がとけて骨だけが残ったものか。それなら「死者の骨」だけでよいはず。胸から上だけ残った骨というのが変である。これを拾い集めて拝むのが死とはますます奇妙である。
字形から意味を引き出そうとするから不自然になる。意味は言葉の使い方であって、文脈から分かることである。死は次のように使われている。
 原文:穀則異室 死則同穴
 訓読:穀(い)きては則ち室を異にするも 死しては則ち穴を同じくせん
 翻訳:生きている間は夫婦になれなくても 死んだら同じ穴に入りましょう――『詩経』王風・大車

死は「しぬ」の意味である。これを古典漢語ではsier(呉音・漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として死が考案された。
古人は「死は澌シ(細かく分かれる、尽きる)なり」と語源を捉えている。藤堂明保は死・四・西・洗・洒・遷・細・私などは同源の単語家族で、SER・SENという音形と、「細かく分かれる」という基本義があるという(『漢字語源辞典』)。語源的に探求すると、古典漢語では死という現象を「細かく分かれてばらばらになる」「分散する」というイメージで捉えていたと考えられる。
sierを表記する図形の死はどんな意匠があるのか。「歹+匕」に分析できる。歹は関節の骨の下半部分で、ばらばらになった骨を示している。歹は死体や死亡と関係があることを示す限定符号に使われることもある。匕は人と同じ形。したがって死は人がばらばらの骨になる状況を暗示させる図形である。この意匠によって「しぬ」を意味するsierの表記とした。