「至」

白川静『常用字解』
「会意。矢の逆さまの形と一とを組み合わせた形。一は到達の地で、矢がその地点に到達したことを示し、“いたる” の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。だから逆さまの矢と一(到達の地)を合わせた形から「いたる」の意味が生じたという。
これは逆立ちした字源説である。言葉がすっぽり抜け落ちている。言葉という視点がない(無視する)のも白川漢字学説の特徴である。
意味というのは「言葉の意味」であって字形に属する概念ではない。言葉が具体的な文脈で使われて初めて意味をもつのである。至は次のような文脈で使われている。
①原文:送子涉淇 至于頓丘
 訓読:子を送りて淇を渉り 頓丘に至る
 翻訳:あなたを送って淇の川を渡り 頓丘[地名]までやって来た――『詩経』衛風・氓
②原文:百禮既至
 訓読:百礼既に至る
 翻訳:あらゆる儀礼はととのった――『詩経』小雅・賓之初筵

①は最終点(目的地)に行き着く意味、②はこの上なく行き届いている意味で使われている。これを古典漢語でtied(呉音・漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として至が考案された。
古典に「至は質なり」「至は実なり」とある。これは至が質・実と同源と捉えたものである。藤堂明保によれば質・実・身・真・診などは同源の語で、「いっぱい詰まる」という基本義があるという(『漢字語源辞典』)。ある空間を想定して、AとBの間に隙間がない状態が「詰まる」「塞がる」「満ちる」というイメージである。A点からB点に移動する場合を想定すると、A→Bへ進むとABの間は隙間がなく埋まり、Bでいっぱいになって塞がる。B点でこれ以上は進めなくなり止まる。これが最終点に行き着くということであり、古典漢語ではこれをtiedというのである。
以上は語源の説明で、次に字源の話になる。至はどういう工夫がなされた図形か。矢を放つ場面が想定された。矢は→の形に飛んで行くが、最終的に止まる。図示すると→|の形である。かくて「矢の逆形+一」を合わせた至が造形された。この図形的意匠によって、これ以上進めない最終点(どん詰まり)に行き着くことを暗示させるのである。
至のコアイメージは「行き詰まる」「どん詰まり」である。これ以上は行けない所まで行き着くのが①の意味。これは日本語の「いたる」に当たる。意味はコアイメージによって展開する。これ以上はないほど行き届いている意味(②)、また、究極の点の意味(夏至・冬至の至)、この上がない(最高である)の意味(至言・至福の至)、程度が甚だしい(いたって)の意味(至急の至)の意味に展開する。
なお「至れり尽くせり」は古典に典拠のある成語で、すべてに行き届いて完璧であるという意味。