「始」

白川静『常用字解』
「形声。もとの字はAに作り、音符は巳シ。巳は㠯シで、耜の形。のち祝詞を入れる器の形であるᆸを加えた。台は農耕の開始にあたって行う、ᆸを供えて神に祈り、耜を祓い清める儀礼をいう。耜を清める儀礼が出産にあたって行う生子儀礼としても行われ、女子が厶シ(耜の形)とᆸとをもって出産の無事を祈ることを始という。それで出生することを始といい、“はじめる、はじまる”の意味となる」
A=[女+巳]

[考察]
Aは単独字としては存在しない字である。「妃」の項では「字はもとAに作り、女と巳とを組み合わせた形。巳は蛇の形」とある。妃と始が同字になっており、しかも解釈が違うのはどういうことか。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。また形声の説明原理がなく会意的に説くのも特徴。始は形声としながら、「女+厶(耜)+ᆸ(祝詞を入れる器)」の三つに分解し、女子が耜と器を持って出産の無事を祈ると解釈している。しかし「出産の無事を祈る」→「出生する」→「はじめる」という意味展開は不自然である。
女子が耜と祝詞を入れる器を持って出産の無事を祈るといった儀礼があるだろうか。これ自体が疑わしい。漢字の解釈に証拠のない習俗を想定してしている。逆に漢字の解釈から古代習俗の証拠とするのであろうか。
白川漢字学説には言葉という視点がすっぽり抜け落ちている。だから字形から意味を導くわけだが、意味とはいったい何か。言語学では意味は音とともに言葉(記号素)を構成する要素で、言葉に内在する概念というのが定義である。意味は言葉が文脈で使われる際に捉えられる。文脈がなければ意味は捉えようがない。
始はどんな文脈で使われているか、古典で用例を見てみよう。
①原文:爰始爰謀
 訓読:爰(ここ)に始め爰に謀る
 翻訳:[国都の建設を]ここに開始し、計画する――『詩経』大雅・緜
②原文:旭日始旦
 訓読:旭日始めて旦なり
 翻訳:朝日が出てやっと空が明けた――『詩経』邶風・匏有苦葉

①は物事をし始める意味、②はその時にやっと(はじめて)の意味で使われている。これを古典漢語ではthiəg(呉音・漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として始が考案された。
始は「台タイ・イ(音・イメージ記号)+女(限定符号)」と解析する。台は臺の略字の台ダイではない。台は「厶+口」と分析する。厶は㠯イと同じで、実は以とも同じである(正確に言うと以に含まれるムの部分と同じ)。㠯(厶・以)は耜の形である。ただし実体に重点があるのではなく機能に重点がある。耜は土を掘り返す道具である。自然に人工を加えるのがその機能である。だから「道具を用いる」「自然に手を加える」「人工を加える」というイメージを厶(㠯)の記号で表すことができる(10「以」を見よ)。「厶イ(音・イメージ記号)+口(場所や物を示すイメージ補助記号)」を合わせた台は、道具を用いて手を加える状況を暗示させる図形である。
始は台に限定符号の女を添えたもの。限定符号の働きは範疇を指定するほかに、図形的意匠を作るための場面設定がある。抽象的な意味を図形化することは難しい。だから具体的な場面・情景・状況を設定することにより意味のイメージを暗示させようとする。「はじめる」は抽象的である。だから女に関する具体的な場面を設定するのである。
台は「自然に手を加える」「人工を加える」というコアイメージをもつ記号である。物に人工を加えるのは物を加工することであり、何かの物を作るはじまりでもある。台という記号自体に「はじまる」というイメージへの転化をはらんでいるが、もっと具体的な状況、特に女と関わる状況を設定する。このために始が作られた。始は女としての兆し(初潮や妊娠など)が起こりはじめる状況を設定した図形と解釈できる。もちろんこれは図形的意匠であって意味ではない。意味は①の「物事をし始める」であり、「何かをはじめてする」「始めて~」という意味(②)である。
物に人工を加えることから「はじめる」「はじめて」のイメージに転化する。これは漢語意味論の特徴の一つである。「切れ目を入れる」のもその類で、作(はじめて作る)・創(はじめて作る)・初(はじめて)などがある。