「詞」

白川静『常用字解』
「形声。音符は司。司はᆸ(祝詞を入れる器の形)を取り扱うことを示す形。詞はおそらくその祈りの文を示すものであろう。神に対して陳べる語、祈ることばを詞という」

[考察]
祝詞は口で唱える言葉で、聴覚記号である。これを器に入れるとはどういうことか。視覚記号の文字に換え、簡や札や布に写したものを器に入れるのであろうか。そうすると器に入れた祝詞の文とは文字のことであろう。ところが詞は「神に対して述べる語、祈ることば」の意味という。ことばとは聴覚言語であろう。詞は文字なのか言葉なのかあいまいである。
白川漢字学説には言葉という視点がない。言葉と文字は混同されている。これは旧来の文字学の通弊である。言葉と文字の峻別がない限り、漢字学説は科学にならない。
詞には「神に対して述べることば」という意味はあり得ない。意味とは字形から来るものではなく、言葉に内在する概念である。言葉の意味は文脈から判断するしかない。詞は古典に次の用例がある。
 原文:堅白無厚之詞章而憲令之法息。
 訓読:堅白無厚の詞章らかにして、憲令の法息(や)む。
 翻訳:詭弁術の文句がはっきり現れると、厳密な法令が姿を消す――『韓非子』問弁

詞は文を綴る際の小さな単位の言葉、また、それをつないだ文句の意味である。これを古典漢語ではziəg(推定音。呉音でジ、漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として詞が考案された。
詞は「司(音・イメージ記号)+言(限定符号)」と解析する。司は「小さい」「狭い穴」「狭い隙間から出入りする」」というイメージを示す記号で、伺・詞・嗣・飼・覗・祠・笥など一連のグループを構成する基幹記号となる(685「司を見よ)。詞は小さな言葉を暗示させる。この意匠によって上記の意味をもつziəgを表記する。