「耳」

白川静『常用字解』
「象形。耳の形」

[考察]
耳の形から「みみ」の意味が出たのではなく、みみを意味する古典漢語niəg(呉音ではニ、漢音ではジ)を表記するために、「耳」の図形が考案された。このように説くのが歴史的且つ論理的である。
『釈名』(古代の語源辞典)では「耳は耏ジなり。耳に一体有り、両辺に属著して耏耏然たり」と語源を説いている。耳と耏(柔らかい頰ひげ)は同源で、独特の形態があり、両側に柔らかくくっついている、といった意味。古人は耳を「柔らかい」というイメージで捉えていたことが分かる。「柔らかい」というイメージは食餌・薬餌の餌(柔らかくこなした食べ物や薬)によく現れている。