「似」

白川静『常用字解』
「形声。音符は以。以の古い字形は㠯(耜の形)で、おそらくその音を用いるのであろう。“つぐ” の意味に用いる」

[考察]
以の古字は㠯であるが、音はイであってシではない。
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴であるが、本項では会意的に説明していない。以からの説明ができず、字源は中途半端である。
似の用例を古典から見てみよう。
①原文:敎誨爾子 式榖似之
 訓読:爾が子に教誨せよ 式(もつ)て穀(よ)く之に似よと
 翻訳:お前らの子に教えなさい よくよくこれを見倣うようにと――『詩経』小雅・小宛
②原文:召公是似 肇敏戎公
 訓読:召公を是れ似(つ)ぎ 戎(なんじ)が公を肇敏にせよ
 翻訳:召公の後を受け継いで 己の功をたゆまず謀れ――『詩経』大雅・江漢

①は姿や形が似る、また、似せるの意味、②は前のものを受け継ぐの意味に使われている。二つは全く関係がないように見えるが②は①からの転義である。これを古典漢語ではziəg(呉音でジ、漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として似が考案された。
似は「以(音・イメージ記号)+人(限定符号)」と解析する。以は10「以」の項で詳述しているが、要点だけを再び振り返る。以は「厶+人」と分析できる。厶は㠯イが変わった字で、㠯が以の古字である(人は後に加えられたもの)。㠯は耜(すき)の形である。しかし実体に重点を置くのではなく形態・機能に重点を置くのが漢字の造形法である。すきは農作業の道具である。土を掘り返す働きがある。ここに自然と人間との関わりがあり、「自然に手を加える、人工を施す」というイメージが捉えられる。「道具を用いる」ということが取りも直さず「人工を加える」というイメージを形成するのである。したがってすきを描いた㠯(=以)でもって「道具を用いる」「人工を加える」というイメージを表すことができる。
以に人の限定符号を添えたのが似である(似には人が二つあることに注意)。以がコアイメージの源泉で、上記の通り「道具を用いる」「人工を加える」というイメージである。これは「道具を用いて(人工を加えて)対象に働きかける」というイメージに展開する。したがって似は実物に手を加えて別の像に象(かたど)る状況を暗示させる。Aというもの(原物)に手を加えて、それと似た物(像)Bを作るという場面が想定されている。これが象(かたど)るということであり、象(に)せるということでもある。かくて①の意味をもつziəgを似で表記した。
A(実物・原物)がそれと似たBになるということは、BはAをもとにしてそれを受け継いだ形になる。ここから「受け継ぐ」という意味を派生する。これが②である。


これは楷書の段階で作られた字体で、篆書の段階では㠯イであった。これは台(胎・始などに含まれる台タイ・イであって、臺の略字の台ダイではない)では厶の形になる。だから㠯と厶は同字で、「厶+人」を組み合わせたのが以である。
 㠯(厶)が以の基幹記号である。基幹記号とは語の深層構造にあるイメージ、すなわちコアイメージを表す記号である。音・イメージ記号とも呼ぶ。では㠯のコアイメージとは何か。㠯をとしたのは中国の文字学者徐中舒であり、これが通説になっている。すきという実体にこだわると、上のような「虫害を祓ってすきを使用する」といった解釈も生まれるが、すきの機能に着目すべきである。漢字を見る眼は実体よりも機能に重点を置く必要がある。