「辞」
正字(旧字体)は「辭」である。

白川静『常用字解』
「会意。𤔔らんと辛とを組み合わせた形。𤔔は糸架いとかせの上下に手を加えて、糸の乱れをほぐそうとしている形で、糸が乱れているの意味となる。辛は把手のついている大きな針。乱れている糸を針で解きほぐしていくことを辞という。それで辞は“とく”の意味となり、古く裁判用語として使われ、かけられている嫌疑を解き明かすことを辞といい、その解き明かすことばも辞という」


[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。𤔔(糸が乱れている)+辛(大きな針)→乱れている糸を針で解きほぐすという意味を導き、かけられている嫌疑を解き明かすという意味に展開させる。
辞に「乱れている糸を解きほぐす」とか「かけられている嫌疑を解き明かす」という意味があるだろうか。意味とは「言葉の意味」であって、字形から出るものではなく、言葉が使われている文脈から出るものである。古典における用例を見てみよう。
①原文:辭之輯矣 民之洽矣
 訓読:辞之れ輯(やはら)がば 民之れ洽(かな)はん
 翻訳:言葉が穏やかならば 民とも心が合うだろう――『詩経』大雅・板
②原文:辭達而已矣。
 訓読:辞は達するのみ。
 翻訳:言葉は伝達するだけで十分だ――『論語』衛霊公
③原文:孔子辭以疾。
 訓読:孔子辞するに疾を以てす。
 翻訳:孔子は病気を口実にして断った――『論語』陽貨

①②はともに言葉の意味、③は口実を設けて断る意味で使われている。これを古典漢語ではziəg(呉音でジ、漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として辭が考案された。
「ことば」という意味では言や詞もあるが、辭はこれとは異なる。『説苑』(漢、劉向の撰)に「夫れ辭なる者は人の自ら通ずる所以なり」(辞とは人が自分の意思をスムーズに伝える道具である)とある通り、意思をスムーズに伝達するもの、すなわちコミュニケーションの手段としての言葉のことである。人が互いに意思を通ずるにはもつれた事態を解く必要がある。もつれを解く道具が言葉である。だからziəgという語には「もつれを解く」というコアイメージがあると言ってよいだろう。
このような言葉を図形として表現したのが辭である。辭は「𤔔+辛」に分析する。𤔔は「爪(下向きの手)+幺(糸)+冖(枠を示す符号)+又(上向きの手)」を合わせて、上と下から力を加えて、糸を糸巻に収めようとする情景を設定した図形である。亂(乱)に含まれている。収めようとして枠からはみ出てもつれる事態が亂である。だから𤔔は「枠をはみ出ないように収める(治める)」と「もつれて枠をはみ出る」という二つのイメージがある。辭では後者のイメージから「もつれる」というイメージを表す記号として使われている。辛は刃物であるが、実体ではなく機能に焦点を置き、「断ち切る」というイメージが取られる。かくて「𤔔(イメージ記号)+辛(イメージ補助記号)」を合わせた辭は、もつれた事態をばさばさと断ち切って通りをよくする状況を暗示させる。この図形的意匠によって、人間関係において絡み合った事態やもつれた関係を解いて意思を疎通させるもの、すなわち言葉を「辭」で表すのである。
「人間関係を円滑にするためにもつれをほどいて(もつれないように)意思を通ずる」というのが辞のコアイメージである。ここから、もつれをほどいて意思を通ずる言葉の意味(①②)となり、もつれないように言い訳をする(口実を設けて断る)の意味(③)、さらに、断って(言い訳をして)職を辞める意味、挨拶を述べて立ち去る意味へと展開する。