「社」
正字(旧字体)は「社」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は土。土は古くは社の音でよまれ、社のもとの字である。土はたて長の饅頭形にまるめて台上に置いた形で、土主(土地の神)の形である。土主のある所が“やしろ”である。示は神を祭るときに使う机である祭卓の形であるが、土がつちなどの意味に使われるようになって、土に示を加えた社が、もとの“やしろ”の意味に使われるようになった」

[考察]
土自体が社(やしろ)の意味、土はシャの音だったという説。「土」の項では「まるめた土を台上に置いた形」とある。これが「土地の神」を意味するだろうか。まるめて台上に置いた土がある所が「やしろ」の意味になるだろうか。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。しかし意味とは「言葉の意味」であって、字形から来るのではない。言葉が使われる文脈から来るものである。白川漢字学説には言葉という視点が欠けている。漢字は字形→意味の方向に見るべきではなく、意味→字形の方向に見るべきである。
言葉という視点から社の成立を記述してみよう。社は古典に次の用例がある。
 原文:以我齊明 與我犧羊 以社以方
 訓読:我が斉明シメイと 我が犠羊とを以て 以て社し以て方す
 翻訳:器に盛った穀物と いけにえの羊で祭るのは 土地の神と四方の神――『詩経』小雅・甫田

社は土地の神、また土地の神を祭るの意味で使われている。これを古典漢語ではdhiăg(呉音でジャ、漢音でシャ)という。これを表記する視覚記号が社である。
古人は「社は土なり」「社は吐なり」という語源意識をもっていた。社は大地の生産力から発想された言葉である。これは社の語源である。次に字源的に社の成立を見る。
社は「土(音・イメージ記号)+示(限定符号)」と解析する。土は盛り上がった土を描いた図形である。土には「中身が詰まって盛り上がる」というイメージがある。示は神の意味領域に限定する符号。社は土を盛り上げて土地の神を祭る情景を設定した図形である。これで上記の意味をもつdhiăgを表記する。