「舎」
正字(旧字体)は「舍」である。

白川静『常用字解』
「会意。Aと口とを組み合わせた形。Aは把手のついた長い針の形。口はㅂで、祝詞を入れる器の形。長い針でㅂを突き刺し、祈りの働きを傷つけ、祈りの効果をすてさせることを舍という。舍は“すてる”の意味となる」
A=[舍-口](舍から口を除いた部分)

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。A(長い針)+口(祝詞を入れる器)→針で器を突き刺し、祈りの効果を捨てさせるという意味を導く。これから「捨てる」の意味になったという。
ここで疑問。①祝詞は口で唱える言葉で、聴覚言語である。これを器に入れるとはどういうことか。②針で器を突き刺して祈りの働きを傷つけるとはどういうことか。何かの実現を願うために祈るはずなのに、なぜ祈りの効果を捨てさせるのか。全く理解不能である。
字形から「捨てる」の意味を引き出そうとするから奇妙な解釈になる。図形的解釈と意味が混同され、あり得ない意味が引き出される。
意味とは「言葉の意味」であって文字の形にあるものではない。言葉が使われる文脈から判断し理解されるものである。舍は古典に次の用例がある。
①原文:掌王之會同之舍。
 訓読:王の会同の舎を掌(つかさど)る。
 翻訳:[掌舎は]王が諸侯を集めて会合する宿舎を管轄する――『周礼』天官・掌舎
②原文:爾之安行 亦不遑舍
 訓読:爾の安らかに行くとき 亦舎(やす)むに遑(いとま)あらず
 翻訳:あなたはゆっくり行けば行くで 体を休めるひまもない――『詩経』小雅・何人斯
③原文:不失其馳 舍矢如破
 訓読:其の馳チを失はず 矢を舎(はな)てば破るが如し
 翻訳:馬の走りに乱れなく 矢を放つと突き破るよう――『詩経』小雅・車攻
④原文:彼其之子 舍命不渝
 訓読:彼の其の子 命を舎(す)つるも渝(かは)らず
 翻訳:わたしの好きなあの方とは 命を捨てても変わりません――『詩経』鄭風・羔裘

①は宿る建物の意味、②は宿る・休息する意味、③は放つ意味、④は捨てる意味に使われている。これを古典漢語ではthiăg(呉音・漢音でシャ)という。これを代替する視覚記号として舍が考案された。
①と②、③と④はそれぞれ関連があるが、「宿る」と「放つ」「捨てる」は意味の違いが大きいように見える。これを理解するにはコアイメージという概念が必要である。コアイメージとは言葉の深層構造をなす根源のイメージである。コアイメージが具体的文脈において意味を実現させるのである。意味とは表層に現れた意味、文脈における使い方にほかならない。
コアイメージを捉えるには字源がヒントを与えることもある。舍は「余+口」に分析できる。これは金文にある字体だが、他は「余の略体+口」になっている。余がコアイメージの源泉なのである。
余とは何か。余の原形は先端が㐃の形で下部に柄のつた道具である。土を削る鍬の類と考えてよい。これに八(左右に分ける符号)を添えたのが余である。でこぼこした土を農具(鍬の類)で平らにかき分けて均す情景を設定したのが余である。この図形的意匠によって、「横に平らに伸ばす」というイメージを表すことができる。このコアイメージは「平らに押し伸ばす」「(狭いもの、窮屈なものを)ゆったり伸ばす」「伸ばしてゆったりさせる」「空間的、時間的に間延びさせてゆったりとゆとりができる」というイメージにも展開する。口は場所を示す符号である。したがって舍は「余(音・イメージ記号)+口(イメージ補助記号、または限定符号)」と解析する。舍は手足を伸ばしてゆったりさせくつろぐ所を暗示させる。この図形的意匠によって①②の意味をもつthiăgを表記する。
意味はコアイメージによって展開する。「ゆったりと伸ばす」というイメージから「(緊張したものを)広げて伸ばす」「(締まったものを)緩める」というイメージに転化する。かくて、手のひらを緩めて握っていたものを放つという意味(上の③) 、また、握った手のひらを緩め伸ばして物を捨てるという意味(上の④)に展開する。