「邪」

白川静『常用字解』
「形声。音符は牙。牙は獣の大きな曲がった牙で、まがったものの意味があり、それで邪は正しい形でないもの、“よこしま、わるい” の意味となる。邪は阝(邑)に不正形の意味の牙を音符とする字であるから、城壁の方形でないものをいうのであろう」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなくすべて会意的に説く特徴がある。会意とはAの意味とBの意味を足し合わせた「A+B」をCの意味とするもの。牙(不正形)+阝(邑)→城壁の方形でないものという意味を導く。
牙に「曲がったもの」「不正形」の意味があるだろうか。邪に「方形でない城壁」という意味があるだろうか。そんな意味はないと言ってさしつかえない。意味とは「言葉の意味」であり、具体的な文脈で使われる意味である。邪は次のような文脈で使われている。
①原文:其虛其邪 既亟只且
 訓読:其れ虚なり其れ邪なり 既に亟(せま)れるかな
 翻訳:うそつきだ、悪いやつ 早く逃げなくちゃ――『詩経』邶風・北風
②原文:赤芾在股 邪幅在下
 訓読:赤芾セキフツ股に在り 邪幅下に在り
 翻訳:赤い膝掛けは股の上 斜めに巻く脚絆は股の下――『詩経』小雅・采菽

①は正しくない、ねじけている(よこしま)の意味、②は斜めの意味で使われている。これを古典漢語ではngiăg(ziă、呉音でジャ、漢音でシャ)という。これを代替する視覚記号として邪が考案された。
王力(現代中国の言語学者)は斜と邪を同源としている(『同源字典』)。古典の注釈でも「邪は斜に通ず」としている。斜めの形状を図示すれば∠の形である。視点を変えれば∧や∨の形にもなる。これは「尖る」のイメージであり、また∧∨の形は「ちぐはぐ」「食い違う」というイメージである。後者のイメージが邪の深層構造にあるコアイメージである。
邪は「牙ガ(音・イメージ記号)+邑(限定符号)」と解析する。牙は獣のきばの意味であるが、実体に重点があるのではなく形態や機能に重点がある。きばは∧の形をなしている。∧の形は∠の形にもなる。したがって邪は村の地形(土地や道など)が斜めになっている情景を暗示させる。これは図形的意匠であって意味ではない。
意味は上記の①と②である。∠の形のイメージが②である。では①はなぜ生まれたか。これは上で述べた通り、きばの形態的イメージと関係がある。上下のきばで物を嚙むと∧∨∧∨の形を呈する。これは「ちぐはぐに食い違う」「ちぐはぐでかみ合わない」というイメージになる。これが食い違って正しくない→心がねじけている(よこしま)という意味を生むのである。