「若」

白川静『常用字解』
「象形。巫女が長髪をなびかせ、両手をあげて舞いながら神に祈り、神託を求めている形。のちに祝詞を入れる器のㅂ(口)をくわえ、祝詞を唱えて祈ることを示す。伝えられた神意をそのまま伝達することを“若かくのごとし”といい、神意に従うことから、“したがう”の意味となる。信託を求める巫女が若い巫女であったので、“わかい”の意味にも用いられるようになったのであろう」

[考察]
若の口を省いた部分が舞い踊る巫女、口が祝詞を入れる器で、「神託を求めて祈る巫女に神が乗り移って神意が伝えられ、うっとりとした状態にある」姿だという。
ここで疑問。祝詞は口で唱える言葉で、聴覚言語であろう。この言葉を唱えて祈るわけである。ところがその祝詞を器に入れるとはどういうことか。音声は器に入らないから、おそらく何らかの書写材料(紙のない時代だから、多分竹簡・木簡か布帛)に文字で書いたものを器に入れるほかはないだろう。祈りの内容によっては書写材料は多量にもなろう。これをどうして器に入れるのか。口で唱えるだけでよいのに器に入れる必然性がない。
字形から意味を引き出そうとすると何とでも解釈できる。意味は言葉に属する概念であって、字形に属するものではない。意味は言葉が使われる文脈に求めるべきである。若は次のような文脈で使われている。
①原文:天子是若 明命使賦
 訓読:天子に是れ若(したが)ひ 明命を賦せ使(し)む
 翻訳:天子様によく従い 賢い命令を広め敷く――『詩経』大雅・烝民
②原文:有若無、實若虛。
 訓読:有れども無きが若(ごと)くし、実(み)つれども虚しきが若くす。
 翻訳:[知識が]有っても無いように、充実していても空っぽのようにする――『論語』泰伯
③原文:未若貧而樂、富而好禮者也。
 訓読:未だ貧にして楽しみ、富みて礼を好む者に若(し)かざるなり。
 翻訳:貧乏しても楽しみ、金持ちになっても礼を好む者にはまだかなわない――『論語』学而

①は従順に従う意味、②は「ごとし」(同じようだ、似ている)の意味、③は「しく」(及ぶ、かなう)の意味である。これを古典漢語ではniak(呉音でニャク、漢音でジャク)という。これを代替する視覚記号として若が考案された。
字源の前に語源が先立つべきである。語源がないと字源は恣意的になりがちである。若の語源を究明したのは藤堂明保である。藤堂は女のグループ(女・絮・奴・如・茹・帑・怒・努・弩)、若のグループ(若・叒・桑・箬・諾)、娘(嬢)・壌が同じ単語家族に属し、NAG・NAK・NANGの音形と、「しなやか」の基本義があるとした(『漢字語源辞典』)。
若は弱のグループ(弱・溺・嫋・搦・蒻)や柔のグループ(柔・揉・蹂)などとも同源と見てよい。これらはすべて「柔らかい」というコアイメージがある。したがって若のコアイメージも「柔らかい」である。藤堂のいう「しなやか」という基本義とほぼ同じである。
「柔らかい」というコアイメージから意味(具体的文脈における意味)が実現され、展開する。「柔らかい」は物理的なイメージだが、心理的なイメージにもなりうる。物柔らかに対応する→相手の言うことに従う(従順になる)という意味(①)が実現される。また、文法的な用法にもなる。「AはBだ」と断定しないで「AはBのようだ」と婉曲に言う用法(②)、また、「AはどうやらBに及んでいる」という言い方(③)も、事荒立てず物柔らかに言うような語感である。
次に字源について。羅振玉(近代の文字学者)は甲骨文字について「人が手を挙げ、跪き、巽順している形」と解しているが、跪いた女性が両手で髪を梳かしている姿と解することもできる。これは後世の叒ジャクに当たる。若は「叒(音・イメージ記号)+口(限定符号)」と解析する。これが篆文では「艸+右」に変形した。叒は女性の姿態から発想され、「柔らかい」というイメージを表す記号である。口はくちやしゃべることと関係があることを示す限定符号。したがって若は物柔らかに言いなりになる状況を暗示させる。この図形的意匠によって、①の意味をもつniakを表記する。
なお白川は神託を求めて祈る巫女は若い巫女だから「わかい」の意味が出たというが、古典漢語の若には「わかい」という意味はない。「わかい」は国訓(日本で与えられた訓)である。古典漢語で「わかい」に当たるのは弱である。弱冠(二十歳の意味)の弱である。若と弱は「柔らかい」というイメージが共通である。昔の日本人はこれを知っていたのであろうか。