「主」

白川静『常用字解』
「象形。灯火の火主の形。鐙あぶらざらの中で燃えている炎を火主という。古代の人は火を神聖なものと考え、その火を持つ人は氏族や家の中心になる人であり、物事を主つかさどる人であった。それで主は“ぬし、あるじ”の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。主は火の炎の形で、神聖な火を扱うのが氏族や家の中心人物なので、「ぬし・あるじ」の意味が出たという。
「火」が「あるじ」の意味になりそうなものだが、ともし火が「あるじ」の意味になるというのはどういうことか。灯火を扱うのは主人ではなく家事をする人ではあるまいか。必ずしも氏族の中心人物とは限るまい。
字形から意味を導こうとするのは、どうしても不合理を生じる。この方法には言葉という視座が欠けている。意味は言葉に属するから、言葉から意味を導くのが本筋であろう。
言葉という視点に立って、歴史的、論理的に主の成立を見てみよう。主は古典に次の用例がある。
①原文:曾孫是主
 訓読:曽孫是れ主なり
 翻訳:曽孫が酒宴のあるじである――『詩経』大雅・行葦
②原文:主忠信。
 訓読:忠信を主とす。
 翻訳:誠実と信頼をむねとする――『論語』学而
③原文:使之主祭而百神享之。
 訓読:之に祭りを主(つかさど)らしめて百神之を享く。
 翻訳:民に祭りを取り仕切らせると、もろもろの神はそれを受け入れる――『孟子』万章上

①は客をもてなすあるじの意味、②は中心に据える意味、③は中心となって物事を取り仕切る意味で使われている。これを古典漢語ではtiug(呉音でス、漢音でシュ)という。これを代替する視覚記号として主が考案された。
主の解釈は『説文解字』に「鐙(灯をともす皿)の中の火主(灯心)なり」というのが参考になる。段玉裁は主を炷(ともしび)の原字とした。これはほぼ定説になっている。主は蠟燭台の上で炎が立って燃えている図形と解釈できる。しかし「ともしび」という実体に重点があるのではなく形態に重点がある。炎が立って燃えている姿から、「⊥の形にじっと立つ」というイメージだけが取られるのである。つまり「じっと立って動かない」というコアイメージをもつ言葉がtiugなのである。
ではなぜこれから「あるじ」の意味が実現されるのか。白川は火を扱うのが氏族や家の中心人物だからというが、これは言語外から言語の意味を導くもの。言語の深層構造を捉えてこそ意味の成立が理解されるのである。上記の①の意味は客に対するものである。客とはよそからやって来て一時的に止まる人のことである(309「客」を見よ)。これに対して、家の中でじっとして動かず客に対応する人のことをtiugというのである。一家のあるじ(主人)、一国のあるじ(君主)はこれの転義である。また主は中心的な位置や立場にいるから、「中心の位置や立場に置く」という意味(②)、「中心となって物事を取り仕切る」という意味(③)に展開する。