「受」

白川静『常用字解』
「会意。𠬪ひょうと舟とを組み合わせた形。𠬪は爪と又とを組み合わせた形で、爪と又は手であるから、上下の手を合わせた形。舟は盤の形。盤の中に入れたものを、上の手は与える手、下の手は受ける手である。それで上の手からいえば受さずける、下の手からいえば受けるの意味となる」


[考察] 
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。上の説明は、盤に入れたものを上の手で授け、下の手で受けると解される。舟を「盤に入れたもの」とするのは突飛である。「舟」の項では舟の字形は「ふね」と「盤」の形が同じというが、どう見ても「ふね」であろう。なぜ「盤」に読み換えるのか分からない。形声文字とするのを避けたとしか思えない。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。盤に入れたものを授けて受けるという意味と解釈するのであろう。しかし意味とは「言葉の意味」であって字形から求めるものではない。言葉の使われている文脈に求めるべきである。受は次の文脈で使われている。
 原文:彤弓弨兮 受言藏之
 訓読:彤弓トウキュウ弨ショウたり 受けて言(ここ)に之を蔵せよ
 翻訳:反り返った赤い弓 どうか受けてしまいなさい――『詩経』小雅・彤弓

受は受け取る意味で使われている。これを古典漢語ではdhiog(呉音でズ・ジュ、漢音でシウ)という。これを代替する視覚記号として受が考案された。
受は篆文ですでに字体が変わったが、それ以前(甲骨文字・金文)は「爪+舟+又」の字体であった。これは「舟(音・イメージ記号)+爪+又(二つ合わせてイメージ補助記号)」と解析できる。舟は「ふね」であるが、実体に重点があるのではなく形態や機能に重点がある。舟はその構造から「外枠をめぐらす」「枠で周囲を囲う」というイメージがある。これはまた「囲いの中に入れる」というイメージにも展開する。爪は下向きの手、又は上向きの手である。AからBに物を与える際、上の方から下の方に物を手渡して、相手の手の中に物を収め入れる情景を設定した図形が受である。この行為はA→Bの方向ならば与える(さずける)ことになり、A←Bの方向ならばもらう(うける)ことになる。「うける」と「さずける」は同じ行為の方向の違いだけである。古典漢語では両方ともdhiogというが、表記で使い分ける。「うける」は受、「さずける」は授と書く。