「州」

白川静『常用字解』
「象形。川の流水の中にある中州の形」

[考察」
字源説としてはこれでよい。ただ言葉という視点に立った説明が必要である。
『説文解字』に「水中の居るべきを州と曰ふ。(水)其の旁らを周遶す(めぐる)」とある。水がその周りを取り巻いたものが「す」(川の中州)である。だから周(めぐる、まわる)で説明している。州は周のほかに、囚・収・舟・守などとも同源で、「周りを枠で囲む」「ぐるりと取り巻く」というコアイメージがある。このコアイメージから実現された意味の一つが州である。これを古典漢語ではtiog(呉音でス、漢音でシウ)という。
州は川の中に土砂が堆積してできた島を描いた図形である。