「宗」

白川静『常用字解』
「会意。宀は祖先の霊を祭る廟の屋根の形で、廟をいう。示は神を祭るときに使う机である祭卓の形。廟の中に祭卓を備えて祭るところは宗廟であり、“みたまや” の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。宀(廟)+示(祭卓)→宗廟(みたまや)という意味を導く。
宀に廟という意味があるだろうか。宀は屋根の形で、家や建物に関する限定符号に使われる。宀が「廟の屋根」 という特別の建築物を表すことはあり得ない。
字形から意味を導くという方法自体に疑問がある。むしろ誤った方法といえる。意味とは「言葉の意味」であって、字形に求めるべきではなく、言葉に求めるべきである。言葉が使用される文脈から判断し理解すべきである。宗は次の用例がある。
①原文:既燕于宗 福祿攸降
 訓読:既に宗ソウに燕エンす 福禄の降る攸(ところ)
 翻訳:やがて宗廟で宴を開くと 多くの幸が下された――『詩経』大雅・鳧鷖
②原文:君之宗之
 訓読:之を君とし之を宗ソウとす
 翻訳:彼を君主と仰ぎ 彼を宗主と仰ぐ――『詩経』大雅・公劉

①は一族の直系の祖先を祭る建物(廟、みたまや)の意味、②は一族の中心をなす直系の家柄(本家)の意味である。これを古典漢語ではtsong(呉音でソ、漢音でソウ)という。これを代替する視覚記号として宗が考案された。
氏族は枝分かれして子孫がつながっていくが、一族の中心をなす直系の子孫がその氏族の祭祀を受け継いでいく。中心的位置にある直系を図示すると、▯-▯-▯-の形である。これは「縦に筋をなす」というイメージである。「縦にまっすぐ通る」と言い換えてもよい。直系の先祖を祭る所や、その直系の家柄をtsongというのである。
宗は「示(イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析する。示は祭壇を描いた形で、神という意味もある。宀は家や建物と関係があることを示す限定符号。したがって宗は神を祭る建物を暗示させる。「示+宀」はきわめて舌足らず(情報不足)な図形で、「神を祭る建物」という意匠しかないが、これによって①の意味をもつtsongを表記した。図形からは「縦に筋をなす」「縦にまっすぐ通る」というコアイメージは読み取れない。
意味はコアイメージによって展開する。「縦にまっすぐ通る」は横に枝分かれしない状態であるから「中心をなす」というイメージに展開する。①から②の一族の中心をなす家柄の意味(宗家・宗族の宗)に展開する。ここから、中心となるもの(おおもと)の意味(儒宗の宗)、おおもとの趣旨(むね)の意味、おおもと(中心)として尊ぶ意味、中心として尊ばれる人の意味(宗匠・詩宗の宗)となる。さらに、根本として尊ぶべき教え・信仰の意味を派生する。これが宗教の宗である。